• 鈴木和人

統率者デッキはなんかすごい

 こんにちは、雪見だいふくの右側です。

あの紙剥いちゃうとどっちが上下かわかりませんよね〜 わかるけどね〜。


さて、前回の記事で書きました、マジック・ザ・ギャザリング(MTG)の「統率者戦」フォーマットのデッキが8割完成したことをここに報告いたします。


デッキ100枚という時点で気に入らなかったのですが、デッキを組んでみるとやはり楽しみになってしまいますね。アホなんですわ。


私が統率者に選んだカードは

「冒涜されたもの、ヤロク」

以下画像はマジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しています。

https://mtg-jp.com/


統率者に選んだカードの固有色で、デッキを組むことになります。

この青黒緑のカラーリングを「スゥルタイ」と呼びます。

「スゥルタイ」の得意技は、「困らせること」です。いかにもマンモーニの長男が好みそうなカラーリングです。(ママ〜〜)


このヤロクで、クリーチャーが場に出た時に誘発する効果を2倍にして、相手をどんどん困らせて、自分はどんどん得しちゃおうというデッキです。


デッキは100枚と多いので、様々なギミックを搭載することができます。


「パリンクロン」

私がMTGを初めて手にした時に発売されていたカードで、とても懐かしい。

このカードも当時はカスレアと呼ばれていて、非常に安価に取引されていましたが、今では5000円近くします。時の流れはいいですね。

この「パリンクロン」と「ヤロク」が2枚揃っていれば、無限マナです。勝ったも同然。


「王冠泥棒、オーコ」

去年発売されたカードですが、MTGの長い歴史の中で最強と言われ、あらゆるフォーマットで禁止されてしまったこのカード。

統率者戦においては使用可能になっています。

対戦相手3人に対してはその真価も全く発揮できないでしょうが、私はこのカードが禁止される以前大好きだったので、友情出演してもらっています。

こんなことが許されるのも、カジュアルフォーマットならではですね!


「人質取り」

基本的にはこのようなCIP(ETB)能力を持ったクリーチャーがメインで構成されています。CIP(ETB)とは、場に出た時に、、、という能力のことを指します。

この能力をヤロクで2倍にしてしまおう!というデッキなので、このようなお得なカードが盛りだくさんです。

あらゆるデッキへの回答を積み込みやすいのも、一つの長所と言えるかもしれませんね!


「タッサの信託者」

近代マジックのコンボデッキのフィニッシャーの定番です!

どうにかこうにかしてライブラリーを削り切って、このカードを出せばゲームエンド。

ヤロクが出ていれば2回勝利できます。(は?)

とはいえ、一回めの勝利条件達成が妨害されても、2回目の誘発で条件達成できる可能性があるので、実はお得。


「Demonic Consultation」

ライブラリーを瞬時に0にするために用いられる、「タッサの信託者」の最高の相棒の一人。

昔から様々な方面で話題になるカードで、最高の相棒になりやすい性能です。

相棒がいない時期はこれも非常に安価だったなあ。


「最後の審判」

「Doomsday」日本語で「最後の審判」

このカード、実は初めてMTGのパックを買った時に引いた記憶があります。

当時は使い方が難しくて、名前の割りになんて使えないカードなんだと、絶望した記憶があります。

時の流れは、自身とMTGの成長の記録なんだな〜うんうん。

こちらはデッキを5枚残して他は全て無に。

この状態で「タッサの信託者」を出すとだいたい勝ちです。


「真実を覆すもの」

近年新設された「パイオニア・フォーマット」にて猛威を振るった、「インバーターコンボ」の核。「タッサの信託者」の相棒。残念ながらパイオニア・フォーマットで禁止にされてしまいましたが、他のフォーマットでは使用可能(スタンはもちろんだめよ)。

ライブラリーは追放され、墓地がライブラリーになるという、ニッチな効果。

瞬時にライブラリーを数枚にできるので、こちらも「タッサの信託者」の最高の相棒の一人。

墓地がライブラリーになるとはいえ、0枚や、3、4枚になることはあまりないので、こちらもヤロクの効果で能力誘発を2倍にして仕舞えば、必ずライブラリーが0になります!


統率者戦では、基本地形以外のカードが全て1枚までしか入れることができません。

その不安定さと、勝利へのルートの多様性が、とても楽しいのでしょうね! 初プレイが楽しみです!


ではまた!



鈴木和人


0件のコメント

最新記事

すべて表示

アルファベット3文字

こんにちは、OGRです。(おにぎり)です。 そうなんです、有名アーティストDaigoさんがやってたように、このアルファベット3文字ってとっても魅力的です。 このアルファベット3文字、正式には 「三文字頭字語」と言うらしいですね。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%87%E5%AD%97%E9%A0%AD%E5%AD%97%E8%AA%9E

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle