• 鈴木和人

オススメ!モダンアーキタイプ⑥「コントロール編2」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

まもなく、「神河:輝かしい世界」の正式発売日ですね!

あまりにも楽しみなカードが多く、あらゆる環境での活躍が想定できますね! また、レガシーにおいては「敏捷なこそ泥、ラガバン」が禁止になり、モダンでラガバンを使おう!という流れが出来上がることでしょう。


モダンのコントロールデッキにも大きな変化がもたらされそうです! しっかりと既存のアーキタイプを理解して、強く、面白いデッキを作っていきましょう!


「アゾリウスコントロール」

画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

まさに王道のコントロールといったところでしょうか。

打ち消し、全除去を駆使しながら、カードアドバンテージの差(手札の数)で勝とうという、じっくりと腰を据えたデッキです。

コントロールデッキは「環境理解力」が最も重要だとされており、現在のメタゲームを読み切って、それに対抗する手段を積み込むのが定石です。

プレイング難易度も若干高めで、毎ターン、毎アクション、状況を把握しながら最適解を出し続けなければいけません。


「対抗呪文」

去年モダンに参画してきた往年の最強打ち消しカード「対抗呪文」を最もストレスフリーで運用できるのもこのデッキではないでしょうか。

2マナで確定カウンターをかませるこのカードが弱いわけはなく、ダブルシンボルというマナ拘束もアゾリウスカラー(青白)であれば問題なく打てるでしょう!


「サメ台風」

フィニッシャーは前回も紹介したプレインズウォーカー、そしてこのカードが担っています。

基本はサイクリングで使うことが多いです。ハンドアドバンテージを失うことなく、飛行クリーチャーを盤面に残すことができます。

ブロッカーによし、フィニッシャーによしと、その万能性はあらゆる環境で有効です。

エンチャントとして場に残りでもすれば、ほぼ勝利が確定と言っても過言ではありません。


「虚空の杯」

最近のメタゲームでは(モダンホライゾン2が発売して以降)、「続唱」を活用したデッキが強力と言うこともあり、このカードが対策として有効になっています。

レガシー以下の環境で超強力メタカードとして活躍しているこのカードが、モダン環境でまさかのメインでの採用です!

X=0で戦場に出すことで、マナコストを持たない「待機」を持つカードの呪文を咎めることができます。

X=1で唱えても、モダン環境にひしめく強力1マナカードを全て封じ込めることができ、このカードがブッ刺さります。


「激しい叱責」

そしてこれもモダンホライゾン2登場で環境を支配している「想起持ちインカーネーションサイクル」のクリーチャーたちを咎めるカードです。

インスタントタイミングで、クリーチャーのETB能力を無力化したり、常在能力を発動させなくしたり、死亡誘発を無効化したりと、さまざまなタイミングで活躍することが可能です。

その上、キャントリップ能力付きなので、ハンドアドバンテージを失うこともなく運用でき、ただただキャントリップ目的でドローしていくということも可能なので、コントロールデッキにおいて、いつでも腐りにくいカードです。


目まぐるしく変わっていく環境に対して、最善を打ち出す、軍師のような性格の方には実におすすめのカードです。

時には運が必要なことがありますが、その運をもコントロールできるようになれば、最強のプレイヤーでしょう。それが可能なのではないだろうかと、思っています!



では、また次回お楽しみに!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示