• 渡辺 敬

舞台やってます。

皆さんこんにちは、渡辺です。

今週私は舞台の音響の仕事で1週間ヅカ⭐︎ガールさんの現場に張り付いています。

久々の舞台はライブとはまた違う緊張感がありまして、

音一つ出すのに手汗がすごく出ます。

さて、舞台業界で劇場のことを

小屋

と呼びます。

音楽業界ではライブハウスの事を

と呼びます。

これはなぜなんでしょう?

特に調べてはいませんが、

個人的な解釈をすると、

舞台の場合、劇場に1週間以上朝から晩までいる事が多く、

ライブハウスの場合は1日で終わる、長くても2,3日がほとんど。

舞台の場合は間借りする期間が長く、もはや居住空間的な、

一つのコミュニティが形成されるから小屋と言う呼び方をして、

それに対してライブはそこに入って、出るのも早いから箱という呼び方をするのでは無いかと。

個人の見解です。

ちなみにライブの場合音響をPAと呼ぶ事が有りますが、

舞台でPAと呼ばれる事は少ないです。

音響と呼ばれます。

なぜなんでしょう。

業界用語って不思議ですね。

あ、舞台の場合、

1日に2公演ある場合、

1公演目をマチネ

2公演目をソワレ

と呼びます。

これも初めて聞いたときはなんのこっちゃわからなかったです。

とにかく、業界用語って不思議。

明日の本番も頑張ります。

新中野製作所

渡辺 敬

0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ

皆さんこんにちは、渡辺です。 今日はリグの話をしましょう。 はて、リグってなんでしょう? カメラにマイクやモニターをつけることとか、それ自体のことを言います。 それをつけるためにケージという金属製のカメラの鎧みたいなものもリグっていうのかな。 まぁとにかくリグを組む必要が出てきたかもしれない。 今までは音が必要ない映像だったり、 音が必要でも小さいマイクで済んでたんです。 音はとるけどそこまで重要

皆さんこんにちは、渡辺です。 久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。 いや、バンドがやりたいというよりかは、 バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。 それもいわゆるギターロック系の曲。 私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、 シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、 それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人た