• 渡辺 敬

業界用語について。

皆さんこんにちは、渡辺です。

昨日無事千秋楽を終え、舞台の幕が閉じました。

楽しい1週間でした。

さて前回業界用語の話をしましたので、今日もその話をしようかなと思います。

前回ご紹介した

マチネ・ソワレ

これは2公演ある場合の言い方です。

では1日3公演ある場合はどうなるのでしょうか?

答えは

マチネ・ジュルネ・ソワレ

ジュルネ!

謎の言葉すぎる。

ちなみに1日3公演って結構きついとされてるんですよ、

タイムテーブル的にも役者さんの体力的にも、

なので滅多に使わない言葉です。

あとは、

ハレ

例えば、

「上手ハレてるけどなんか点いてる?」

的な。

暗転状態で光が漏れてる場合などで使います。

まぁなんとなく分かりますね。

音響系だと

SE

ライブの現場でSEって言うと、

始まる前の入場曲的な意味合いを持ちますが、

舞台では効果音の事を全部SEと呼びます。

これ結構混乱する。

あとはなんだろう、

考えてみると音響系は舞台でもライブでも共通するものが多いです。

今後もちょこちょこ業界用語ブログ書きますね。

新中野製作所/業界の人

渡辺 敬

0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ

皆さんこんにちは、渡辺です。 今日はリグの話をしましょう。 はて、リグってなんでしょう? カメラにマイクやモニターをつけることとか、それ自体のことを言います。 それをつけるためにケージという金属製のカメラの鎧みたいなものもリグっていうのかな。 まぁとにかくリグを組む必要が出てきたかもしれない。 今までは音が必要ない映像だったり、 音が必要でも小さいマイクで済んでたんです。 音はとるけどそこまで重要

皆さんこんにちは、渡辺です。 久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。 いや、バンドがやりたいというよりかは、 バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。 それもいわゆるギターロック系の曲。 私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、 シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、 それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人た