• 渡辺 敬

舞台の音響の話

皆さんこんにちは、渡辺です。


舞台の方は無事幕が上がりました。


あとは突っ走るのみですね。


なんとまぁありがたいことに舞台中は他の仕事の連絡がほぼ来なくて、


助かってます。


舞台の音響の機材の話でもする?


基本的に音を出すのはPCです。


PCのソフトに音をたくさん入れて、


それを流していきます。


PCのキーボードやマウスでソフトを操作することも可能ですが、


私はコントローラーをさしてそれで操作しています。


それの方が楽な気がするから。


その出た音はオーディオインターフェースを通してミキサーに行くわけです。


デジタルミキサーの方が楽なのかなぁって気持ちは少なからずありますが、


正直サウンドチェック、場当たり、ゲネプロでそれぞれの音の素材の音量は決めていて、


ソフト上で設定しちゃうのでミキサーはアナログでいいですって思ってます。


ライブハウスと違って劇場はまだアナログミキサーのところが多いので、


デジタルミキサーメインのシステムにすると持ち込まなくてはいけないですからね。


やりたい事によりますが、オーディオインターフェースはアウトが6以上あると良いですね。


舞台奥、舞台前、客席後方とかにスピーカーを設置して、どこから音を出すかの選択肢が広がります。


その分ソフト面もハード面でも仕込みは大変になりますがそれは致し方ないでしょう。


そんな感じかな。


まぁそんな感じで今日も幕が上がります。


新中野製作所/舞台音響

渡辺 敬


0件のコメント

最新記事

すべて表示

久々にトロンボーンを吹く話。

皆さんこんにちは、渡辺です。 昨日縁あってトロンボーンを久しぶりに吹きました。 コロナで管楽器は飛沫の問題とか色々言われましたし、 友人の結婚式ぐらいでしか吹かなくなっていたので、 がっつり吹けて楽しかったです。 ですがまぁ衰えを感じましたね。 技術的な衰えというより、 唇の衰え。 ちょっと高音が続くだけでピリピリしちゃう。 それはそれで久しぶりの感覚なのでなんか感動しましたが、 衰えたなぁという

映画が好き

皆さんこんにちは、渡辺です。 さてさて、最近何かと忙しくさせて頂いてて、 インプットが少ない毎日です。 昨年はコロナのせいで仕事も無くなり、 ひたすらインプットにかまけていたのですが、 今年そのアウトプットをしていたなぁと振り返ったりしています。 映画を見たり、色んなアーティストのMVを見たり、美術館に行ったり、 そんな時間が、ありがたいことに今はなかなか取れなくなってしまってまして、 意識的に時

物が増える理由

皆さんこんにちは、渡辺です。 昨日の地震、びっくりしましたね。 私は仕事終わりで電車に乗っていたのですが、 緊急速報の音が一斉に鳴ってすぐ電車が止まってしまいました。 ちょっとびっくりしましたが、電車が空いてて良かったです。 帰路でTwitterを確認して、 本棚から本が落ちたり、 食器が落ちて割れたり、 果てはテレビが倒れて液晶が割れて使い物にならなかったりという報告を見ていて、 自分の家も色々