• 渡辺 敬

【続】aespaって知ってる?

※今回も独断と偏見がマシマシのマシなブログになってます、ほんと、ご容赦ください。


皆さんこんにちは、渡辺です。


先日aespaという韓国のグループを私が知ったことを皮切りに、


韓国のアイドルというか、


ダンスボーカルユニットが音楽の一大市場であるアメリカに


キャッチーで普通という武器を引っ提げて戦っている話をしました。


さて、日本はというとという話を今日はしましょう。


数年前まだ私がバンドをやっていた頃、


「ガラミュー」という言葉をメンバーと話していました。


ガラパゴス携帯という言葉のパクリで


ガラパゴスミュージック


です。


日本の音楽シーンははまさにガラパゴスミュージックですよね。


日本国内の市場のみを戦場としているアーティストが多くて、


かつ海外のシーンをあまりに取り込まないスタイル。


独自の生態系を形成している音楽シーンを日本は持っています。


日本のトップアイドル勢力といえば


男性ならジャニーズ系

女性なら坂道系


だと思うのですが、おそらくこのふたつを知っている、海外の方って少ないのでは。


アジア圏までは市場を伸ばしているイメージはありますが、


欧米でははて?って感じですよね。


ロックグループはそれに比べて欧米への進出が進んでいるイメージですね。


BabyMetalとか。


でもそれって結局


「メタル」とか大枠「ロック」という欧米の文化に乗っかってやってるから、


海外でもある程度の評価を得られるわけですよね。


韓国の戦略ってアメリカの文化に乗っかるだけじゃ無いんですよ、きっと。


アメリカのひっきりなしに動くヒットチャートにちゃんと乗っかってるんです。


だから実績が伴うんです。


例えばアメリカのロックファンに引っかかる日本のロックバンドがいたとして、


それがアメリカでツアーを行えばそれなりにお客さんは来ると思います。


でもヒットチャートで実績は残せないでしょう。


なぜならロックというジャンルがもう落ち目だから。


チャートで結果を残すにはその時の流行りに乗らないとですよね。


韓国はそれがうまいです。


日本はなぜ欧米などの大市場に行かないのか、はたまた行けないのか。


それはまた大きな話になってきてしまうので、


うーん、次とは言わずまた別の機会に気が乗れば書くとしましょう。


ウェーイ。


新中野製作所/そろそろ海外行きたい

渡辺 敬

0件のコメント

最新記事

すべて表示