• 渡辺 敬

バンドの話

皆さんこんにちは、渡辺です。


久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。


いや、バンドがやりたいというよりかは、


バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。


それもいわゆるギターロック系の曲。


私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、


シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、


それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人たちを見ていて、


それをどうにかしないといけないなぁなんて思っていたのですが、


アイドル業界に入ってからというものそんなことすっかり忘れていて、


コロナで色々ダメになって、


でも今なんかギターロック的なバンドサウンドに飢えています。


演者として音楽のステージに上がらなくなって久しくて、


だからこそ趣味的に音楽を楽しくできる気がしています。


そんなわけでバンドやりたい。


今のバンドってどんなところで演ってるんですかね?


ライブってしてるのかな?


大きいバンドはストリームの時代に入ってからライブに重きを置き出したんですよ。


なぜかっていうと音楽そのものでお金を作ることが難しくなったから。


ストリームで1曲1再生¥0.1みたいな時代で、


今まではCDが売れていたからライブで赤字出しても別に大丈夫って感じだったんだけど、


それじゃあやっていけないってなって、


ライブを精力的にやって、そこでのグッズ売り上げとかで大きく収益を出す方向になったんですね。


元々音楽を聴く方法っていうのはライブしかなくて、


ライブ以外で音楽を聞くためにレコードやCDが出来て、


ストリーミングサービスで音楽を聴くことが遥かに簡単になった今、


またライブをメインに活動し始める、


経路は違えど歴史は回りますね。


音楽なんてのはカウンターカルチャーで、


今のアメリカはヒップホップやR&Bが主流ですが、


いずれまたバンドサウンドが復権する時代が来るとは思います。


そんなかで趣味という範囲でいいから個人的にバンドをやりたいなぁって。


舞台やりながら思っていました。


新中野製作所/元バンドマン

渡辺 敬

0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 少しネイルを休んでました。 が、 復活しました! 特に理由はないですが、 爪もちゃんと休めたし、 艶が戻ってきたので、 久しぶりに塗りました、真っ赤っか まーじで上がります。 初めましてさんが多い現場に行ったのですが、 久しぶりにネイルトークできました嬉しい。 自分がつけてるだけで十分上がりますが、 人とネイルトークできるのも楽しいですね。 以前のように爪を酷使せず、

今年の頭に自分の誕生日プレゼントとしてCANON 5Dmk3を買いました。 かなり気に入っていて仕事でも使っているんですが、 CANONってまじふわっとしますね、いい意味で。 ずっとSONYを使っていた身としまして、 SONYのレンズって解像度が高いんです。 でも味があるかって言われたらそんなことなくて、 素材は一流だけど、調理する人次第でどうにでもなるタイプ。 それに対してCANONって 「CA