• 安倍大智

「夢かうつつか」って変

こんにちは、アベです。夢うつつです。


夢かうつつか。とよく言いますよね。

このうつつ、漢字で書くと「現」となります。

つまり、夢か現実かということですね。


「夢かうつつか」と言われれば「幻想なのか現実なのか」というふうに捉えることができますが、

「夢うつつ」と言われたときに頭に浮かぶのは夢の中を漂っているイメージで、現実との狭間でウロウロしている感じはしません。私の場合。


「うつつ」というワードに現実感がないんですよね。


「夢うつつで...」な状態はたいてい意識がぼんやりしているので、確かに夢と現実の狭間を揺れているのではありますが、意識がぼんやりしている時点でそれはすでに「夢」側に重心があるような気がしませんか?

現実からすでにかなり離れているんではないですか?


こうなりますと、もちろんなぜそう感じるのか気になってきますよね。


なぜ「うつつ」に現実感を感じないのだろうと考えますよね。


私なりにわかってきたのは「うつつ」に似た響きを持つ言葉のイメージに引っ張られているということ。


例えば「うつけ」。

これはバカという意味です。


「うつぼ」

ぬっとして、じっとしてます。


「うっかり」

「うつみ宮土理」

「うつ」

「宇宙人」

「うつろ」

.

.

.


ね?


この流れで「うつつ」なんて言われても全然「現」とは思いませんよねえ。

どうですか?


最後に大昔に描いたメモが出てきたので添付させていただきます。

ご確認のほどよろしくお願いいたします。


新中野製作所

安倍





0件のコメント
©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle