• 安倍大智

コーヒーという飲み物

こんにちは、アベです。焦げ茶色です。


麦茶って、全てだと思うんですよね。

麦茶をものすごく濃くすると、コーヒーみたいになるし、コーヒーを物凄い薄めると麦茶みたいな味がしますので。


ということは、この世に麦茶じゃない物ってないんだと思います。

それは普通に嘘ですけど、だいたいのものは麦茶で説明がつきます。


素晴らしい音楽を聴いて幸せになるのは、素晴らしい音楽があるからで、素晴らしい音楽家が健康である必要があり、音楽家は健康のために麦茶を飲むから。


ほらね?


それはそうと、私はコーヒーが苦手です。

しかも、かなり不遇な苦手です。


ずっとそんなことはなかった、というか、そんなことに気づいていなかったのですが、

最近になってわかってしまいました。明確に、苦手みたいです。


苦手と言ったのは、間違っても嫌いではないからです。なんならあの、豆の瓶を開けたときの香り、豆を挽く動作、豆を引いているときの時間の流れ、砕かれていく豆からさらに花ひらく香り、ドリッパーに粉を移す時に豆の残りカスをトントンって出す感じ、粉にお湯をクルクル回しかけて、泡みたいなのを作って一定の高さからお湯を落とし、蒸らしながら淹れていくこだわり、そのときの表情、そして、味。好きです。休日の父のその姿が目に焼き付いているからだと思います。

憧れとか、郷愁とか、そういうエモーショナルな要素も伴って、とても好きな飲み物です。


なのに、苦手なんです。


飲むと仕事の効率がとても落ちます。

飲むとお腹の調子が変になります。

飲むと体のどこかにだるさが出ます。

飲むと頭がボーッとします。

飲むとやる気がなくなります。


原因はカフェインではありません。

紅茶も、緑茶も、どれだけ飲んでも支障はきたしません。

眠眠打破などの眠気覚ましも、大丈夫です。すごく元気になります。


それ以外だとなんだろう、と。

そうです。

焦げです。


コーヒーって要するに焦げ汁ですよね。

元々、白というか緑というか、そういう色をしているものを、中の中まで真っ黒に焦げるまで焦がしたものです。

https://www.coffeesakura.jp/SHOP/GMOK01.htmlより転載

それにお湯をかけて滲み出てきた汁を、飲む。

そういうものです。


そんなの体に言いわけがないでしょう。

みんな大丈夫ですか?

あなたも、あなたも、父も、大丈夫ですか?


でも、美味しいですよね。

どうしても飲みたくて、飲んでしまう時があります。その日は一日ダメになるので、解禁するタイミングはかなりシビアです。

アベがコーヒーを飲んでいるところをみたら、あ、贅沢なひととき、いや、贅沢な一日を過ごすんだなと思っていただいて大丈夫です。


なのに、これもってます。

https://shop.nestle.jp/front/contents/machine/ndg/ より

ネスカフェ ドルチェグスト。

ビンゴでもらった。


今も、これでミルクティーを飲みながらブログを書きました。


失礼いたします。


新中野製作所

安倍大智



0件のコメント
©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle