• 安倍大智

たぶん血小板

こんにちは、ブレインサラダサージェリーことアベです。


私ほとんど病院に行かないんですけど、皆さんはどうですか。


例えばカッターで指を切っちゃった時とか、いや全然病院行くほどじゃないですけど、まあいいじゃないですか、病院行かないんですよ。

いやそもそも病院行くほどの怪我をしてないっていうことかもしれません。


カッターで指を切っちゃった時は、ちょっと水で洗って、あとは抑えます。

これでもかというくらい、反対の手の指で、切り傷が閉じるように力を加えます。

5分くらい抑えてたらくっつくので、絆創膏を探して貼って、完治まで2日くらい取り替え続けるのより余程効率がいいのはもちろん、絆創膏を探して貼る時点までよりずっと早いです。


あの、抑えてたら傷口がくっつく感覚というか、現象が結構好きです。

自己治癒力のこととか、血を止める血小板の作用とか考えながらその5分を過ごします。


抑えていると、たぶん毛細管現象でたぶん血小板が傷口のちゃんと接していない部分に入り込んで、5分の間にたぶん固まるかなんかして、そのままであれば開かないようになっていくんだと思います。


ただ、塞がったと思って油断しているとちょっとしたことでパクッと開いてしまい、気づいたら手が血だらけなんてことも。

そうなったらたいてい気絶します。


血が苦手なので。


中学の時とか、彫刻刀で怪我をして、傷口と流れる血をみていたと思ったら気づいたら保健室にいたなんてこともありました。


血が苦手なのでした。


それはまあ置いておいて、自分で手術をするようなこともしばしばありました。

ささくれをブチってやって放置していたらそこが膿んでしまい、パンパンに膨れ上がったので消毒したカッターナイフで切って膿を出したり...

その時は、膿が抜けた後に、クレバスのように穴が空いたりして、びっくりしました。


その時流れ出すのは血ではなく、膿なので気絶はしませんでした。

残ったものも「単なる穴」だったので、全然平気です。

すごいでしょう。


新中野製作所

安倍


©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle