top of page
  • 執筆者の写真安倍大智

つんどく

積ん読いいますよね。

ツンドク。


買って積んどいて、読まないみたいな。

でもそれが良い、みたいなトレンド。


入手することが大事。

積んどくとはちがうけど、本棚にその本があることが重要だと。


たしかにね、自宅が図書館みたいになったら便利でしょうね、研究者の人とか。文献確認したいことがあれば、パッと目を向けて沢山の背表紙の中からそれっぽい本を取り出し、目次に目をとおして必要な箇所だけ読む、とかね。


ゆうてみんな読んでるんでしょ?


どうせ。

ツンドクニナッチャッテテーとか言ってさ、ちょっとずつ読んでんでしょどうせ。いいよそういう、読書で謙遜されてもぴんとこないし


僕はもう本買ってはその辺に置いとく生活。読書は年に3ページくらいしかしないですよ。

その割に本買って買って。

もう積ん読がすごいですよ。


・ジャルジャル福徳さんが書いた小説

・コクトーがエリック・サティについて書いた本を坂口安吾が訳した本

・美術展やデザイン展のカタログ多数

・細野晴臣の本

・新潮2021年3月号(坂本慎太郎、池田亮司他多数の日記がのってる)

・伊藤比呂美の本2冊

など


いっこも読んでないし、研究者じゃないし、なんで買うの?


やめなよ。



新中野製作所

安倍大智


0件のコメント

最新記事

すべて表示

チョコに「お」をつけたことがありますか

「チョコ」って言葉があります。 「チョコ」という言葉を聞いて、みなさんが想像するのは、深い茶色で甘いおやつです。チョコレートです。 では、「チョコ」の頭に「お」をつけてみたらどうでしょうか。 こんにちは、あべです。 土曜日のブログは島流しに遭っていたのでかけませんでした。 楽しみにしてくださった皆さん、申し訳ありません。 それはさておき、チョコの話をしましょう。 そうなんですよ、「チョコ」と聞いた

京都

Comments


bottom of page