• 安倍大智

本を買うならパンを買う

こんにちは。アベです。


最近、とても素晴らしい素晴らしさの素晴らしい本を2冊ゲットしたので報告しようと思っています。


8年前のアベは「本買うくらいならパンを買う」というくらい貧乏で貧乏でした。


昨今はお金が足りてきていますので、多少お腹が空いても本を買うようになりました。


美術展に行けばカタログを(これがたいてい高いのについ)買うし、推しの芸人が小説を出したら買う。


それで部屋のその辺に転がしといたり、トイレに置いといたりして、気が向いたら15文字くらい読む。みたいな怠惰な読書習慣を身につけています。


ただ、今回はその習慣が少し変わりそうです。


今回手に入れた二冊がその習慣を変えてしまいそうです。


何せ面白すぎるし、何より分厚すぎて「そのうち読むやろ」みたいな楽観的な考えが通用しないので、「読むぞ」ってならないとゼッテイ読み終わらないからです。ゼッテイ。


一冊目はこれ。

『デヴィッド・ボウイ 無を歌った男』(田中 純 著 / 2021)

辞書みたいに分厚いでしょ。

ちょっと読んだだけでパンチラインの応酬です。

今度ちゃんと紹介します。


でもう一冊がこれ。

辞書でしょ。

これもまた最高なんですよね。

定かじゃない説とかガンガン載せてきて、「しかし無理な説である。」とか言ってくるあたり。


というわけで辞書みたいに分厚い本と、辞書を手に入れた話でした。


今はトイレに置いてあります。


お疲れ様でした。


新中野製作所

安倍大智

0件のコメント

最新記事

すべて表示

石の人

イサム・ノグチさんと言えば、素晴らしい照明の作品でご存知の方も多いかもしれませんが、私にとっては完全に「石の人」です。

福毛

福毛って知ってますか。 幸福をもたらす毛です。 知らないあいだに長い長い毛が生えていたら、それはナガ毛です。 ですから、それは福毛ではありません。