• 安倍大智

アマゾン一生届かない

こんにちは赤ちゃん。


アマゾンが全く届かなくなってしまった。


かれこれ2週間、8月に入ってからアマゾンの荷物が全部、配達寸前で倉庫へ帰って行く。


私の家はアマゾンが届かない秘境になってしまったのか。


ステータスは「配達不能」なので荷物が帰って行ってしまうどころか、返金処理されてしまい、再注文しなければならない。


そして最初の届かなかった荷物はもう3回も注文してしまっている。


ちゃんと返金されなかったらえらい額になっている。不安だ。


2回目3回目と回を追うごとに注文品の数は増えているので、荷物の量も結構なものだろう。


問い合わせはしていて、その内容を鑑みるに、おそらく十中八九、配送業者が届けられなかったっぽい。


アマゾン倉庫からは発送されてて、経由地も通過してて、最後の最後、配達するぞって時にだめになっちゃうから。


そんなにわかりにくいかなあ。この家。


まあすごい急いでるわけでもなからいいけど、肌が乾燥しちゃいますよね。


仕事の荷物だったら大変だ。


でもね、アマゾンの問い合わせ対応の体制ってこんなに良かったっけ?

って思うくらい、良い。


最初の頃はいろんな情報を正確に伝えようと思ってチャットでやりとりしてて、


今日とかはもう、伝えるべきことはチャットで伝えてあるから、「また届かないもん」というだけなので電話にしたりしてるんですが、全然待たないし、良いです。


チャットも電話も、日本語があんまりできない人が最初は出るんですが、ある程度アマゾンが必要であろう情報を伝えてから「日本語ができる人に代わって」というと代わってくれるし、

その日本語があんまりできない人たちもすごい丁寧!


もちろん日本語ができる人たちはものすごい丁寧だし、ある種のラフさがあって私は好きです。


「え?2週間もですか?」「これは...おかしいですね」とか人間らしい反応が見えて、とても良いと思いました。


自分もこんなオペレーションができるようになりたい、と思いつつも、そういう対応が嫌いな人も多いんだろうなと思って尻込みしたり、そもそも電話でオペレーションをする機会なんかない。


配達不能だと自動で返金対応になってしまうところだけ、ちょっと不便ですね。


電話くれるとか、なんかあればいいのに。でも大変か。いろんなところに配達しなきゃいけないし。電話しなくていいように置き配な訳だし。



お疲れ様でした。


新中野製作所

安倍





0件のコメント

最新記事

すべて表示

「チョコ」って言葉があります。 「チョコ」という言葉を聞いて、みなさんが想像するのは、深い茶色で甘いおやつです。チョコレートです。 では、「チョコ」の頭に「お」をつけてみたらどうでしょうか。 こんにちは、あべです。 土曜日のブログは島流しに遭っていたのでかけませんでした。 楽しみにしてくださった皆さん、申し訳ありません。 それはさておき、チョコの話をしましょう。 そうなんですよ、「チョコ」と聞いた

京都