• 安倍大智

サージェントペッパー改めて聴いた

こんにちは、あべです。


久しぶりにビートルズを聴いていました。


67年のアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)を聴いていました。


子守唄のように、幼少期〜少年期のBGMのように流れていたアルバムを、しっかり聴いてみようと思って。


散歩しながら聴いてみてたんですけど、なんか違うなとなりました。


変!とおもったら、AirPods Proの「空間オーディオ」が発動していました。


発動しないようにしてたつもりなんですが、発動してました。


どうりでポールがあっちこっち行くと思った。


でも初めて空間オーディオの面白さを体感しました。


歩くのをやめて、立ち止まって聴いてみると、右の方からしか聞こえないリズムギター(誰だかは知りません)の方を向くと、正面からリズムギターを聴くことができるし、


“Lucy In The Sky With Diamonds”とかそうだと思うんですが、真ん中でジョンが歌ってて、コーラスはなんか左奥の方に2人くらいの声がして、リズムギターは右から大きい音で聞こえてて、


それに対して頭を少しだけ左に向けると、ボーカルもコーラスも真ん中から聞こえてて、リズムギターの音量もなんだかちょうど良くなりました。おもしろい。


じゃあ最初からそうすればいいのにとも思います。


発表当時のこれ見よがしステレオ音源のせいなんですか?詳しくないですけど。


高校の時に友達とイヤホン片耳ずつつけてビートルズ聞いた時の寂しさとか思い出しますね。


それにしてもドラムまで左右に振る必要ってあるもんですか?きっとあるんだろうとおもいますが。


左右で全く同じ音流すとすごい気持ち悪いですもんね。


でもたとえば “Getting Better”のドラムだと、ハイハットはほぼ左からしか聞こえなくて、スネアは右寄りで、、リンゴってそんなセッティングなの?

いや....!

動いてる!!

ドラム動いてる!!!!

正確にはバスドラム以外浮遊してるぅ!!

最後ギターも川のように流れてる。



お疲れ様でした。


新中野製作所

安倍大智



0件のコメント

最新記事

すべて表示