• 鈴木和人

ガリガリ君ファッション考察2

こんにちは、足立区のマイケル・スコフィールド、鈴木和人です。

兄貴は無実だ。


ね、という事で早速やっていきましょう。

前回に引き続き「ガリガリ君」のファッション考察、いや、歴史なぞらえです。


前回の記事からさらにリサーチをしてみると、どうやらガリガリ君誕生当初は「"昭和30年代のガキ大将"をモチーフにした中学三年生」だったようですね!



赤城乳業株式会社ホームページより引用

ガリガリ君(1986年発売)

前回の記事でも紹介しているあのおじいがいますねえ!!

ランニングシャツに短パンにスニーカー、だいぶわんぱく少年のイメージに近づいてきました!!

いやしかしですね、この時点ではまだ"昭和30年代のガキ大将"をモチーフにした中学三年生”なんですよ。んんんん〜、まあ見ようによってはそう見えなくもないですね。

このころは、他のアイスに比べて、圧倒的に「味のバリエーション」が多く、大変人気を博していたそうです!


赤城乳業株式会社ホームページより引用

ガリガリ君(1991年発売)

帽子っっっ!!!どうしたっっっっ!!!

86年発売のデザインと同様、かなりの汗をかいていますね。

これは暑い時に共感を得られそうですね。

ガリガリ君で冷却冷却!!

91年からは50円の販売価格を60円に値上げしたタイミングでもありました、しかし赤城乳業は、当時爆発的に数を増やしていた「コンビニエンスストア」での販売にいち早く力を入れていたため、売り上げは右肩上がりをキープしていたそうです。


赤城乳業株式会社ホームページより引用

ガリガリ君(1993年発売)

スポーティな装いになりましたね!いよいよ"昭和30年代のガキ大将"をモチーフにした中学三年生”感が抜けてきました。

このころも業績は右肩上がり、翌年には過去最高販売本数を記録する大ヒット商品となります! しかし、翌年から悲劇が、、、、

(衣装の話は?)


では、また月曜日!


S.N.P. / 新中野製作所

衣装デザイン/衣装制作/美術制作

鈴木和人

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle