• 鈴木和人

緊急企画M21注目カード2

はいどうも!ね!こんにちは!首都高の電光掲示板鈴木です。

今回はね、前回に引き続きマジック・ザ・ギャザリング「基本セット2021」発売に際しての緊急企画として、わたしの注目カードを紹介していくコーナーです。


早速いってみましょう!

今回の記事ではリミテッドでの体験記みたいなものも込みですよ!

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

こちらのカード、前回の記事でもイチオシとして紹介した「深淵への覗き込み」との2枚コンボが成立します。色拘束の強い「地獄界の夢」よりも、ディミーアコントロールを兼ねられるこちらのカードの方が好みです。

妨害やドローが得意なカラーなので、無理なくコンボへ突入できます。

自分がカードを引くことができるので、不用意な突然死のリスクも軽減できて良い。

私の今シーズンの相棒になることは決定的ですね。

実はこのカードリミテッドでもなかなかの仕事をしてくれました。(被害者側)

青赤のスペル系のデッキで、こちらの脅威をうまく捌きながら気づいたらLO(ライブラリーアウト)で負け。

相当悔しい思いをさせられました。


マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

現スタンダード、そして下環境になればなるほど強力なカードですね。

下環境の方が低マナ域の強力なプレインズウォーカーやクリーチャーは多く、あらゆる脅威に対応できることが強い。必ず見ることになる一枚でしょう!

ローテーション後のスタンダードでは、「時を解す者、テフェリー」や、「覆いを裂くもの、ナーセット」「騒乱の悪魔」などのデッキの核になっていた低マナ域のキーカードたちがスタンダード落ちしますので、重要性は若干落ちる印象。

とはいえ黒系のデッキにはサイドにも何枚か採用されるでしょうし、とても強いカードには間違いないですね!


マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

いいカードですねー!

おそらくはサイドに数枚忍ばせる運用方法になるでしょうが、序盤の妨害に徹底的に対抗することができます。

手札破壊や、序盤の除去をさばいていくことができ、後半に引いてしまっても追加で③コストの支払いは以外と刺さります。

「神秘の論争」とスロットを争う、もしくは共存できるカードではないでしょうか。

今後のメタゲーム次第では、「霊気の疾風」のように、メインからの採用も有り得るかもしれませんね!渋い!


ここからはリミテッドで活躍、やられたカードを簡単に紹介しましょう!

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

採用してみると、こいつ相当やってくれましたね。

まず、赤と白の低マナ域に優秀なクリーチャーが多く、強化呪文や除去も比較的充実しているため、赤白の高速アグロを目指したデッキが非常に強い環境だなという印象でした。

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

これらの2枚がそもそもなかなか強いです笑

横に展開させながら、カウンターで強化したり、、、

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

この壁で打点をあげたりと、序盤から太い攻めが展開できます。

マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

こいつも駆けつけてくれたりしたら、それはもう構築デッキだ!

というわけで、これらのカードで勝利を収めたこともあれば、チンチンにやられたこともある、現環境リミテッドにおいて最強だと思う赤白ビートダウンデッキのパーツたちです!


マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

このカードも本当に強かった。

緑が起こしやすい息切れを防止してくれる能力を持った一枚。

ファッティが多い緑においてトランプルはあまりも強力で、緑単タッチ赤のファッティデッキはかなり強かった。

パワー4以上を積極的に採用した「パワー4以上デッキ」はかなりのやり手。赤で序盤を捌きながらサイズで押し切っていくシンプルな構築はやはり強かった!と思わせてくれるデッキに爆発的なアドバンテージをもたらしてくれるカードでしたね。


マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

赤の2マナ域は本当に強かった!

友人達とのリミテッド大会では「マグムットGG」という言葉が飛び交ったくらいの渋い活躍を見せてくれましたね。

マナレシオも及第点ですし、膠着した盤面ではライフレースに差をつけることができる。

焦熱の解放」が設置できていれば毎ターン3点!

ドラフトなら焦熱の解放」をファーストピックしてもいいかな!と思うくらいにこの犬、やります。


マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用

3ターン目から4点を空から叩き込んでいけるこのカードはやはり強かった!

自身のクリーチャーに打ち込んでいく形での使用方法がほとんどだったが、打点の損はなく使えるのが、この環境ではなかなか強かった。

2ターン目に構えてパスすることにはなるが、先手では非常に強いでしょうね。

もちろん相手のクリーチャーやプレインズウォーカーにも打てるので、対処手段があれば後半に引いても嬉しい一枚!

青や白系のデッキ相手には焦らずに手札に温存しておいてもいいかもしれないですね。


いやーそれにしても新弾発売は楽しくて仕方ないですね!

私は衣装家です!

ではまた木曜日!



鈴木和人

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle