• 鈴木和人

仮想敵の設定の具体性3

 おしゃまんべ!おしゃまんべ〜〜〜〜!!

西表島の山の猫、グルクンです、今日もよろしく!


コロナ影響下では本当にいろいろなことが大変でした。

しかし、ようやく最近になって皆さんにお見せできる作品たちが公開できるようになってきました。

全国3人の鈴木ファンの皆様、お待たせしました。私はそう言いたい。


さて、今日も仮想敵の設定の具体性の話、第三項「勝利報酬を考える」です。

言い換えるならば、「ステップアップの方法」と言っていいでしょう。


苦労した先にはやっぱりご褒美があったほうがいい!

ですが、夢を追いかけたり、先の見えない努力の過程では「報酬は自分で与える」ことになっていきます。


有形のご褒美はとてもわかりやすい、新しい服を買ったり、カメラを買ったり、コーヒーメーカーを買ってみたりと、そういったご褒美はとてもいいですが、

「ステップアップ」という観点では、私の言う勝利報酬ではないのです。


今行っている努力や仕事の先に、どんな展開が待っているかを想像することが、私の言う勝利報酬です。


例えば、このクライアントと仕事をしたら、次にこのクライアントと仕事をしたいなあ!とか、こんな作品ができたから、次はこんな作品にして発表できるなあ!とか。

脳に、希望というご褒美を与えることが勝利報酬だと考えています!


戦術→実践→ネクストステージという過程を繰り返して、ステップアップ!

そして試合に勝ち続けましょう。


とても簡単に説明できたぞ!


ぞぞぞぞぞZOC再始動おめでとうございます!



グルクン

最新記事

すべて表示

体力について

「自分に必要な時間に対しての体力は上昇している、いや、洗練されてきているな!」 と。 そしてこういう事になるんです。 「やりたくない事、やらなくなってきたな!」 と。

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle