• 鈴木和人

決意

 こんばんは、小道の求道者、鈴木和人です。

行き着く先?

知らんがな!!


しかしですね、この鈴木和人、

おおよそ12年間にわたる、「超柄物主義」から脱却し、

「超プレーン主義」への移行を決意いたしました!


超プレーン主義というのはですね、簡単にいうと柄物を着ないということです。

そして、基本的な色調を「白」としたコーディネートで統一することです。


まあ、柄というものがどこからどこまでを指すのかは、個人の見解による差はあると思いますが、私のいう「超プレーン主義」は比較的緩いと言っていいでしょう。


・基本色、ベースは統一しますが、「その上で大胆に遊ぶ」ことを許可します。

・特殊な環境下、例えば釣りや、キャンプ、スノボなどのアウトドアレジャーの際には適応しない。

・靴は白を用いません。(用いても構わない)


自分で決めたルールなので、基本自由にやらせてもらいます!


なぜこのような決意に至ったかというと、

「飽き」

が大きな要素、言い換えると

「変化」

ということになりますね。


探検期が終了し、何か大きな手応えを掴んだと実感した時に、

なんというか、

あっ、なんかプレーンでありたいな。

と思い立ちましてね?

「器」みたいなね!


大変禍々しく、主義主張をするという、厄介な器ではございますが、

器たらしめる風体を目指すという決意から、「超プレーン主義」を唱えました。


あー、でもパンツが白はやだな。

なんか凹みそうな予感するし!



鈴木和人

0件のコメント

最新記事

すべて表示