• 鈴木和人

ゼンディカーの夜明けドラフト

 小雨ですね?どうもユビキタス聖人です。

毎度毎度マジック・ザ・ギャザリング(以下MTG)の話題ですいません。


今日はですね、アリーナ(以下MTGA)のドラフトにて、7勝したという報告です。

ドラフトとは、8人で行う試合です。

それぞれが3パック所持している状態で、1パックずつ開封します。

開封したパックからカードを一枚選んで自分のデッキに加えます。(ピックと言います)

ピックしたら隣の卓の人にピックした状態のパックを渡します。

というのを繰り返していき、40枚〜のデッキを構築し戦うというものです。


どんなカードが流れてくるか、どの色を選択できるか、このカードは他の人に渡したらまずいかな、、とか、超複雑な仕様になっています。


7戦全勝ということではなく、3敗するまでに何勝できるかというルールのもと行っていまして、私の成績は7勝2敗でギリギリ7勝を勝ち取りました。(ルールとして最大7勝です)

クイックドラフトといって、CPUとカードをピックするゲームです。

なので、競技レベルでの勝利というわけではありませんが、それでも大変嬉しいものです。ランクも上がるしね!!


そのデッキがこちら。

非常に綺麗なマナカーブを描いています。

白と黒で構成された、クリーチャータイプ「クレリック」を主軸としたデッキです。

ライフゲインギミックを多数搭載しており、「コーの祝賀者」によって強固な壁と、不朽のライフを提供してくれます。

引用:マジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より

https://mtg-jp.com/

以下、カード画像はマジック・ザ・ギャザリング日本語公式サイト様より引用


そのキーカード「コーの祝賀者」がなんと4枚もピックできています。この時点で相当強いのですが、このライフゲインギミックをフルに生かすための捌け口がないとなかなか勝ち切ることができません。

私の使用したデッキのフィニッシャーはこちらです。

「コーの祝賀者」が複数並んだ状態で戦場に出ると、あっという間にサイズが膨れ上がり、あっという間にゲームを決めてくれます。

もう一体のフィニッシャーはこちら。

言わずと知れたゼンディカーの夜明けの最強コモン「英雄たちの世話人」です。飛行クロックで相手のライフを速やかに削っていきます。

地上戦でのサイズでは勝てないことを見越して、除去をしっかり積み込んだのもよかったです。

クリチャー主体のデッキにおいて、このカードが非常に機能しました。

マナフラッド受けにもなるし、フィニッシャーを再利用するために搭載しています。


はっきりいって環境最強のアーキタイプでしょう。(佐藤レイ選手も言ってる)

いいリフレッシュになりました。ありがとう。


鈴木和人


0件のコメント

最新記事

すべて表示

心霊体験ツアー(中)

どうもこんばんは、連続ブログ冒険譚「心霊体験ツアー」へようこそ。 まだ「心霊体験ツアー(序)」をご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。 赤水門の章 私たちが最初に辿り着いた場所は「赤水門」と呼ばれる場所でした。 関東随一の心霊スポットとして知られており、非常に有名な場所です。 「旧岩淵水門」とも呼ばれ、埼玉県川口市と、東京都北区赤羽を結ぶ大きな橋が架かっており、荒川と隅田川を隔てる大きな水門で

心霊体験ツアー(序)

おはようございます!なんで仕事場では、「おはようございます!」が標準挨拶なんでしょうね。まあそんなもんか〜と、なんとなく納得しようとしているのですが、やはり良くわからないですね。 そんなことありません? 当たり前のように思っているけど、実は全然大した起源もなく、なし崩し的に定着してしまった事って。 誰かが正解だと決めつけた正解は、私にとっての正解であることの方が稀であるという視点をもった方が人生は

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle