• 鈴木和人

鈴木和人改名作戦 前哨戦

こんにちは、池袋の裏道マタスー・春巻龍です。

TODOリストは手書きに限るよね〜!!:鈴木和人

書くことってやっぱり大事で、脳に刻む効果がありますよね。きっと。

そういう意味で、私は改名しようと思います。


かなり以前ですが、有名な大御所俳優さんとお会いする機会があって、私の名前について非常に深いお話をいただいたことがあります。

姓名判断というやつで、なんともその方がおっしゃるには、「鈴木和人」という名前は非常に画数的にもよくないらしく(そもそも鈴木ってよくないらしい)、急いで改名を勧められました。

その頃は、

そんなもの関係ないでしょうに!:鈴木和人

と一蹴したのですが、

もうすぐ私が世に大々的に乗り出すタイミングとの天啓を授かったので、改めてこのことについて考えることにしました。


その時にその俳優さんに頂いた名前は

「鈴木刃丸(スズキカタナマル)」

まず長男ということで、鈴木は残して頂きました。

鈴木に続く名で相性がいいのは、三画+三画の漢字の組み合わせだそうで、この名前になりました。


改名して数ヶ月、確かに大きな効果を実感したのです。


1・車を持っていないのに、なぜか最強のコーティング剤を製造している会社さんから、2本ほどそのコーティング剤を頂く。


2・横須賀の出張先のクライアントさんに、夜遅くなってしまったからということで、船で会社近くに送ってもらう。


3・某有名スポーツ選手から、キッチンカー事業をオープンするので、販売スタッフをやってくれないかと誘われる。(即断る)


これまでの人生では起きようもなかった数奇な出来事が連発したのです。


そういう体験があったこともあり、名前の大切さには非常に共感しており、本気で改名しようとしているのです。


ということで、次回は具体的な改名案を発表しようと思います。



よろしこ!:木村拓哉

0件のコメント

最新記事

すべて表示

心霊体験ツアー(中)

どうもこんばんは、連続ブログ冒険譚「心霊体験ツアー」へようこそ。 まだ「心霊体験ツアー(序)」をご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。 赤水門の章 私たちが最初に辿り着いた場所は「赤水門」と呼ばれる場所でした。 関東随一の心霊スポットとして知られており、非常に有名な場所です。 「旧岩淵水門」とも呼ばれ、埼玉県川口市と、東京都北区赤羽を結ぶ大きな橋が架かっており、荒川と隅田川を隔てる大きな水門で

心霊体験ツアー(序)

おはようございます!なんで仕事場では、「おはようございます!」が標準挨拶なんでしょうね。まあそんなもんか〜と、なんとなく納得しようとしているのですが、やはり良くわからないですね。 そんなことありません? 当たり前のように思っているけど、実は全然大した起源もなく、なし崩し的に定着してしまった事って。 誰かが正解だと決めつけた正解は、私にとっての正解であることの方が稀であるという視点をもった方が人生は

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle