• 鈴木和人

だからプログレが好きなのか

 こんにちは、エリック・プランクトンです。

って言う芸人さんがまだ出てきませんね? 早く出てきて欲しいです。

このままだと私が出ちゃいます。


私は公言している通り、プログレッシブ・ロック(以下プログレ)が大好きです。

King Crimson や、Pink FloydYESEmerson, Lake & Palmerが本当に好きでして、

今でも聴いたり、昔のアートワークを見たり、本当に救われています。


なんで好きかって?そりゃあカッケーからよ!!理由なんて不要だろ?? : 鈴木和人

と声を大にして言ってきたのですが、未だなお色褪せぬその魅力はなんなのか?

それがようやく、朧げにですが、確信に変わってきたような気がしてきています。


音楽はこの世にたくさんあるけども、

プログレって「夢の世界」を表現しているような気がしてとても救われるんだな。


無秩序(そうでもないかもしれないが)で、文脈がなくて、まるで断片的な夢を見ているみたいな、素敵な気分になります。

なんとなくですが、自分の日々の表現ってこの世の何かとの親和性って意外と薄くて、

ある瞬間や、妄想や、それこそ「夢」との親和性が高い気がしてきているんですね。


誰かが見た夢とか、自分が見る夢とか、誰にも犯されない不変的な領域に魅力を感じているし、昔からそうだったのかなあなんて、そんなふうに思わせてくれますね。


今日の曲はこちら

King Crimson - The Court Of The Crimson King


情景や、時間を描き出しているような、そんな素敵な曲です。


ではまた!! 鈴木和人

0件のコメント