• 鈴木和人

ストリクスヘイヴン注目カード3

こんにちは、相模湾の浮カスです。

あれ本当に厄介ですよね。

釣りにならないですもん。


サクサクいきましょう、今日も今日とて、注目カード紹介!ラストです!


画像は全てマジック・ザ・ギャザリング日本公式サイトより引用しています。


「刃の歴史家」

無条件で全体二段攻撃を付与してくれます。

まず思いつくのが「軍団のまとめ役、ウィノータ」とのシナジー。

クリーチャータイプが人間なので、めくれれば瞬時に高火力を叩き出せるし、着地ターンにゲームを決められなくても盤面は崩壊させることができるでしょう。

タフネスが3あるのも大きい点で、多少の耐久性の高さがゲームの勝敗を左右することは結構あるので、非常に強力なのではないでしょうか。

ただ、クリーチャー依存のカードではあるので、横並びを妨害されたりすると、効果が薄いという弱点もあります。


「草むした拱門」

なんとも絶妙なカードです。当然タフネス4は厚い壁なのですが、タップで1点ゲインすることができます。

2マナで生贄に捧げれば、サイドボードから講義・カードをサーチしてくることができます。

そもそもサイドボードに講義・カードをどれほど差し込めるかは大いに議論の余地がありますが、状況に対してベストな回答をサーチしてくることができます。

キャントリップ付きの壁は今までも大いに活躍していましたが、このカードはどうでしょうね!2マナは必要になりますが、ランダム性の高いキャントリップより確実な仕事をしてくれるのは確実です。

ただカードアドバンテージは獲得していないので、注意は必要です!


「厳しい試験官」

新しいヘイトベア系のカードの登場です。

誘発型能力に触れられるカードはそもそも珍しく、サイドボードに採用の価値があると思います。

そもそも似たような能力で、ETB、PIG誘を封じる、「静寂をもたらすもの」も同環境に存在しているので、どう共存するか。

しかし、置き物の誘発型能力をも制限することができる点ではこちらの方が上手。

特に下環境で横行するコンボデッキにこそ刺さるカードなのかもしれませんね。

しかし、それでも2マナのクリーチャーということで、「致命的な一押し」が刺さってしまうし、タフネスが3なので「稲妻」一枚で除去されてしまいます。

なんとも評価の難しいカードですが、個人的には意外と活躍すると思っています!


さあ、以上がストリクスヘイヴンの注目カードでした! 発売日までおおよそ1週間!

ワクワクが止まりませんね!


では!



鈴木





0件のコメント

最新記事

すべて表示