• 鈴木和人

モダンホライゾン2注目カード(白)

おはようございます。

グッドモーニング鈴木です。


やってまいりました、やってきてまいりました!やってきてまいりすぎたのかもしれません!

モダンホライゾン2のフルスポイラーが公開されました!

モダン以下のフォーマットのみで使用可能なカードセットですが、エターナルフォーマットを主戦場としている鈴木にとってはあまりにも楽しみなカードセットです。


環境激変必至のモダンホライゾン2の注目カードを何回かに分けて色ごとに紹介していこうと思います。

すでに注目されているもの、鈴木しか注目しないもの、色々あると思いますが、全国3人の鈴木ブログのファンの皆様(内1名だけがMTGに参戦見込みあり)、お待たせしました。

今回は白のカード紹介!


所感:実に燻銀なカードが多い印象。

白は、圧倒的なカードパワーを秘めたカードというよりは、デッキのサポート、安定性を高めるカードが多く見受けられます。

その中でも環境を変えうる可能性が見込めるカードをピックアップしています。


以下、全ての画像はマジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「電結の投槍兵」

親和がモダンに帰ってきた!

白と赤に親和メカニズムを強化するパーツが複数収録されます。

その中でもこのカードは、接合メカニズムによって、敵クリーチャーに牽制をかけることができます。

タイミングも限定的で、自身をタッ歩する必要があるので、どこまで活躍できるかは分かりませんが、親和の帰還に喜びと賞賛をこめて、紹介させて頂いた次第。


「孤独」

以前の記事でも紹介しました、白の想起メカニズム神話レアサイクルです。

レガシーで最もスタンダードな除去「剣を鍬に」を内蔵したクリーチャーで様々なデッキで活躍が見込めます。

白黒のミッドレンジデッキが新たにモダン、レガシーで生まれると予想しているので、そう言ったデッキで使われそうです。

特にレガシーでは3/2はフィニッシャー級のスタッツですので、盤面を制圧した後にゆっくりと対戦相手を倒していく未来がうっすら見えます。


「エスパーの歩哨」

実にいやらしいアドバンテージ獲得クリーチャーですね。

自身がアーティファクトということもあり、親和デッキに採用の可能性があります。

除去しようにも、マナを支払えなければアードアドバンテージを得られますし、親和デッキであれば、パワーをあげることも容易でしょう。

実に燻銀な活躍が期待できます。


「ヴェクの聖別者」

完全に赤黒のサクリファイスデッキや、ドレッジデッキを駆逐するべく誕生したクリーチャーです。

デスシャドウや、ドレッジはサイドボード後にこのカードに怯えながらプレイしなければいけません。

黒や赤は除去に長けた色ですが、そういった除去の一切を受け付けないこのカードは確実に対戦相手に脅威を与えることになります。

ヘリオッドカンパニーの第二の「オーリオックのチャンピオン」になるでしょうか。


「信仰の復活」

素出ししても強そうな「補充」です。

補充がモダンでも使える日がやってきました!

「全知」「サメ台風」釣り上げたいエンチャントはたくさんあります!

「予言により」を急いで買い集めましょう!(すでに高騰気味)


次回は青のカード紹介!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示