• 鈴木和人

モダンホライゾン2注目カード(緑)

こんにちは

トップオブサンシャイン鈴木です。


いよいよモダンホライゾン2注目カード紹介も終盤戦に差し掛かって参りました! モダホラライフ、お楽しみでしょうか?

今日は私がまあまあ好きな色「緑」のカード紹介です!


所感:強力なマナクリーチャーが多数見受けられましたね。全体的にはパワーは抑え目といった印象でしょうか。しかし通例通り、緑には未限の可能性があり、今回もその片鱗は伺えます。また、再録カードも、古参プレイヤーからすると感涙ものです!


以下、画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「忍耐」

緑の想起親和レアサイクルです。

スタッツは最も優れており、3マナ3/4到達というクリーチャーとして及第点の性能と言っていいでしょう。

効果としても、ゲーム序盤で必要になる可能性が高くないと思いますので、普通にマナを支払って運用することも視野に入ります。

墓地利用デッキに対して、劇的に刺さる可能性があり、さらにシャッフルも許さず無作為にボトム送りということで、見た目以上に強烈な動きをするのではないかと思います。

ライブラリーアウト系のデッキにも絶望を与えることになるでしょう。


「ガイアの意志」

待機のついた「ヨーグモスの意志」。

「ヨーグモスの意志」はあのパワー9をも凌ぐ性能と言われ、レガシーでは禁止、ヴィンテージでも制限カードに指定されています。

「予言により」が場にある状態では、0マナで「ヨーグモスの意志」が打ててしまうというぶっ壊れ性能になりますが、通常の運用ではかなり悠長な気がします。

専用の構築は必要になりますが、計り知れない可能性を秘めたカードであることは間違いなさそうです。

これは本格的に「予言により」デッキを考案せねばならないかもしれません。


「下賎の教主」

ジャンドカラーを生み出すことのできる「貴族の教主(おば賛美)」! おじ賛美と呼ばれていることでしょう。


「聖域の織り手」

「セラの聖域」を内蔵したマナクリーチャー。さらに好きな色マナを生み出せることで強化されています。

自身もエンチャントであるので、最低限の仕事はしつつ、数枚のエンチャントが並んでいればド迫力のバリューを生み出す可能性があります。悪いことできそうだな〜。

アンタップとタップを繰り返せるギミックがあれば、、、


「ヤヴィマヤの古老」「クウィリーオンのレインジャー」

お帰りなさい!!


以上、緑のカード紹介でした!

次は多色です!


では!

0件のコメント