• 鈴木和人

モダンホライゾン2注目カード(土地)

 こんばんは、お元気してらっしゃいますでしょうか。7月です。

いよいよ夏本番が近づいてまいりました、今年はなんだか涼しい気がしませんか?

と言うのはおそらく大きな勘違いで、毎年6月末〜7月頭なんて意外と暑くないんですよ。

7月=夏という、なんとなくのイメージが、涼しいと錯覚させるのでしょう。

6月末〜7月頭なんて意外と暑くないんですよ。本当に。蒸すけど。


さあ今日も張り切って参りましょう、モダンホライゾン2注目カード紹介企画ラスト!土地編ですね。

モダン、レガシー、さらには統率者線などにも大きな影響を与えた今セット。

久しぶりの大興奮封入内容でした。

スタンダードリーガルの抑え目のカードパワーとは一線を画した強力セット、皆様もお楽しみいただけたと思います!


それではいってみましょう!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

対抗色フェッチランド各種

高騰を極めていた対抗色のフェッチランドが念願の再録!

今セットでも大当たりの一つとしてファンを魅了しています。

モダン以下の環境であればもっとも使われている土地であり、必需品であったので、モダンホライゾン2に再録されたことで値段は半分近くに抑えられ、モダン以下への参入障壁がグッと下がった印象です!それに伴い、有効色フェッチランドの価格が高騰しているらしいのですが、今後の動向はいかに!?


タップインアーティファクト・二色土地 

モダンでは禁止されている単色のアーティファクト土地でしたが、タップイン、かつ二色になって収録されました!

確定タップインなので、使用されるデッキはかなり限定されますが、デッキ内のアーティファクトの濃度を強める事ができ、アーティファクトの数を参照するようなデッキにとっては強力な戦力になり得ます。

今後の活躍に期待が高まります。


「ウルザの物語」

禁止候補筆頭!ぶっ壊れエンチャント・土地です。

今現在、あらゆるデッキタイプの核をなすカードとして台頭し、このカードとの相性がいいカード達の価値も大きく変化させています。

どの章の能力も非常に強力で、早いターンのうちに盤面をメチャクチャにすることがしばしば。

第三章の能力で、あらゆるデッキへのアンサーをデッキからサーチしてくる事ができ、「真髄の針」や、「魂標ランタン」などの対策カードをメインから1枚投入し、相手のデッキを機能不全に陥らせるようなデッキも生まれていたり。

アミュレットタイタンのキーカード「精力の護符」をサーチしてきて、デッキの核を安定して運用したり。

レガシーにおいてのペインターコンボのキーカード「丸砥石」をサーチしてきて、安定したコンボ開始をサポートするといった、超強力カードとなっています。

やはり、マジック・ザ・ギャザリングにおいて最も強大な力を有している「ウルザ」の名前を冠したカードはあまりにも魅力に満ち溢れています。

モダンでもすでに大活躍しており、レガシーにおいても強力な低マナアーティファクトが横行する環境ですから、大活躍を収めています。

レガシーにおいてはその対策カードなども充実しているため、支配的なカードにはならないと予想しますが、モダンにおいては支配的になる可能性があると踏んでおり、禁止カードに指定されてしまうのではないかという懸念があります。


さあいかがでしたでしょうか、長きにわたって紹介してきたモダンホライゾン2の注目カード達!強力で夢が溢れる、クリエイティブなカードが非常に多く、大満足です。

既存のアーキタイプを強化するもの、新しいアーキタイプを生み出すもの、さまざまありますので、皆さんもモダン以下の環境を楽しんでいきましょう!


では!

次回は、モダンホライゾン2「最終的に鈴木の注目するカードランキングトップ3〜5くらい」です!まだやります!


鈴木

0件のコメント