• 鈴木和人

「イニストラード:真夜中の狩り」注目カード青編

 こんばんは、鈴木と申します。

今回は、「イニストラード:真夜中の狩り」の青の注目カードを鈴木の視点で紹介させていただきます!前書きは前回の記事に書いておりますので、ぜひご覧ください!ぜひ!特にないですけど。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「幽体の敵対者」

イニストラードのスピリットらしい強力な能力を有しています。

今回この「敵対者」は神話レアサイクルとなっているのですが、白以外はどれも強力だと思います。

このスピリットは一時的に脅威を退けることが可能です、対戦相手のブロッカーを排除して自軍の攻撃を通す動きだったり、エンチャントもアーティファクトも対象に取れるので、「勝負の決め手になる1ターン」を作り出すことのできるクリーチャーです。

瞬速持ちなので、青らしい、返しのターンの強さを体現できるカードだと思います。


「怪しげな密航者/船乗りの人狼」


シンプルながらとてもやり手だと思います。

変身後の方が性能はもちろん高いのですが、確定でブロックされずルーティングができるのは非常に強いです。除去されやすいのは弱点とも言えますが、このカードに除去を当てさせるというプランを取りながら、本当に通したいカードを通しやすくするという動きも可能です。除去対象を迷わせるというのは、実は勝敗に響いてくるのです。


「戯れ児の縫い師/戯れ児工場」


鈴木が選ぶ、今セット最も注目のカードといっても過言ではないでしょう!

スタンダードで言えば「セッジムーアの魔女」と最高のシナジーを形成します。マナ域が被ってしまうのは残念ですが。

インスタントやソーサリーからトークンを生成する軽量呪文との相性が非常によく、トークン戦術を用いて強力な軍団を作ることが可能です。

今セットオリジナルの「腐乱」を持つゾンビトークンを屈強な「鹿」に変える事ができます。そう、あの「オーコ」を彷彿とさせる、危険な匂いがプンプンします。

1ターン生き延びることが条件となりますが、ある程度トークンが展開できている状態で裏面に変身できれば瞬く間に勝利を掴む事ができるでしょう。裏返ればアーティファクトになるので、全体除去に強いのも評価できます。

下環境でも「セッジムーアの魔女」「若き紅蓮術師」などとシナジーを形成し、スペル系のデッキの新定番になることを期待できるのではないでしょうか。ピッチスペルの多い環境であればあるほど強くなるという点も評価できますね。

3マナでありながら、稲妻一撃で死んでしまう脆さはありますが、さまざまな強力スペルでバックアップしてあげれば恐ろしい目に遭わせる事ができるでしょう。

イラストも最高です。夢ありすぎ。


以上、青の注目カードでした!次回は黒です!では!


鈴木


0件のコメント