• 鈴木和人

「イニストラード真夜中の狩り」注目カード多色編

 こんばんは!やってまいりました、鈴木の注目カードのコーナー!

最近では、新中野メンバーもMTGAを始めておりまして、ますます楽しくなるばかり!

さあ、今回も張り切ってまいりましょう!


今セットの多色は、非常にプレイアブルで、アーキタイプを象徴するようなカードが多い印象を受けます。要は強いってことです。次セットの「イニストラード・真紅の契り」にも繋がりそうな、ワクワクするカードが多いですね!

では早速紹介していきましょう。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「群れの希望、アーリン/月の憤怒、アーリン」


両面プレインズウォーカーといえば、このアーリン=コードでしょう!

今回のセットでは、狼男は非常に強力な部族で、マナカーブも非常に綺麗に繋がっており、更に高火力なのが特徴です。 この「アーリン」もその核を為すことは間違いないでしょう!

出たターンにはトークンをばら撒いて、変身したら対処困難なフィニッシャーとして機能します。プラス能力の運用方法は若干アグロ向きではないように感じるため、中期戦も見据えた戦い方をするデッキであれば、更に強力に運用できるでしょう。

盤面に触れる能力がないため、押している状況を更に加速させたりすることは得意ですが、不利な盤面では弱いという弱点もあります。

しかし、アーリン以外のカードで盤面を再構築し、互角、それ以上になった状態でアーリンが着地すれば、勝利は目前でしょう。


「信仰の繕い」

コントロール向けに作られた、良質ルーティングカードです。

墓地に落とすことで価値を見出せる「フラッシュバック」持ちのカードを多く採用したデッキでの活躍が見込めます。

この2点ゲインというのも、コントロールにとっては、1ターン分の勝ちになる可能性も秘めています。

自身にもフラッシュバックが付いているため、このカードを捨てても損失は少なく、ゲーム後半に必要なカードを揃えていくことに役立つでしょう。

スタンダードのみならず、パイオニア以下の環境でも大きな活躍をする可能性があると思います。


「年経た枝指」

リアニメイト戦術の救世主でしょう。

下環境にはもっと強いカードはありますが、パイオニアやモダン、統率者戦での活躍は期待できるかもしれません。

キーになるクリーチャーを一種類に絞ってデッキを構築することで、確実にそのカードを墓地に落とすことができます。

しかし、このカードを複数枚入れている場合は、このカードが捲れてしまう場合があります。

Xの値を多めに支払うことで確実に墓地に落とすこともできますが、リアニメイトデッキは早いターンに化け物クリーチャーを出して蹂躙するデッキなので、遅ければ遅いほどその強力さは失われていきます。

とはいえ、運用方法次第では非常に悪さをする可能性のあるカードですので、所持しておいてもいいかもしれませんね!



さて、以上で紹介は終わりますが、他にもデッキの核を支える強カードが目白押しです!

多色デッキが強い環境は多いので、このセットのカードが複数フォーマットに影響を与える可能性が大いにあると思います!


次回はカード紹介最終回、「アーティファクト、土地編」です!



では!

0件のコメント

最新記事

すべて表示