• 鈴木和人

鈴木一押しカード(レガシー編)「氷牙のコアトル」

 こんばんは、最近メタルバイブとシンキングミノーの素晴らしさに気づいた東京湾アングラーですどうも。

秋も深まり、ショアジギング最高のシーズンに突入してきましたね!

バンバン釣りに行きたいですが、全然行けません!ぎゃー!


さあ、私の大好きなレガシー、モダンのフォーマットのお話をしましょう! デッキを作るときに、デッキリストサイトを見たり、誰かのブログを見たり、自分が目をつけたカードは今の環境で強いのか、どんな可能性があるのだろうか?

色々と考えると思います。


そんな方の一助になりたい! そんな思いで綴らせて頂きぁす!


今回はレガシーにおけるカードの可能性に迫っていきたいと思います。

私の大好きな、「魔の魅惑」を使った、謎生物をキーカードにしたデッキや、

「絵描きの召使い」を使ったライブラリー瞬殺デッキなどは、過去に紹介させていただいておりますので、ぜひご覧いただきたい!


今日紹介したいのは、プレイアブルでありながら、さまざまなデッキで活躍が見込める便利カードを紹介したいと思います!

レガシーへの入門が少しでも気軽になるといいですね!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「氷牙のコアトル」

レガシーのメタゲームにたびたび登場するこのカード。

4cコントロールや、アルーレン、オムニテルやフードチェインにも採用されるグッドクリーチャーです。

「アーカムの天則儀」が使えた頃の勢いこそなくなりましたが、カードアドバンテージを失うことなく、除去にもなりうるという利便性を備えたクリーチャーです。

「モダンホライゾン」で初の収録となっており、まだまだ価格も抑え目で手に入れることができます!


このカードの強さは、インスタントタイミングで動けるので、自身の動きを邪魔せず、打ち消しを構えながらも運用できる点が強いです。また、レガシーのような高速環境においても、それを抑止するカードも同時に強力なため、実は長期戦になることがあります。そうなった時に、後半に引いても強いことが、このカードの採用率を高めていると思われます。


レガシーにおける強力な飛行生物を止める力も、このカードの評価をあげてくれます。

1ターンの重みが大きい環境において、マリット・レイジトークンの攻撃に対してチャンプブロックでき1ターンの延命ができたり、「秘密を掘り下げるもの」「ドラゴンの怒りの媒介者」「濁浪の執政」「グリセルブランド」などの飛行クリーチャーと戦える点が強力。氷雪土地が並んでいる状態であればアドバンテージを稼ぎながら相手のクリーチャーを打ち取ることができます。


比較的手に入れやすいこのカード、もし採用の予定がないのなら、レガシーデッキを作ってみてはいかがでしょうか?はっきり言って安いものではありませんが、徐々にで、徐々にでいいので、このカードから初めて見ても面白いと思います。

きっと夢が広がりますよ!


ではまた次回の記事でお会いしましょう!



鈴木

0件のコメント