• 鈴木和人

イニストラード真夜中の狩り〜リミテッドカードMVP〜ノミネート編2

 こんばんわ、鈴木の偏見MTGニュースのお時間です。

これから冒頭は全部これでいきます。

もう安倍が鈴木の冒頭を扱ってくれることがないので、もういいです。ええ。


前回に引き続き、イニストラード真夜中の狩りのリミテッドにおけるMVPカードをノミネートしていく回です。

皆さんもこれは違うだろー!とか、このカード弱いだろ!とか、クソみてえな評価しやがって!とか、ガヤガヤしながら見てみてください!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「戦墓の大群」

ああ、出てきやがったよ。対戦相手にこのカードを出されたらそう思います。

能力持ちすぎでは?

腐乱ゾンビトークンを2体生成してくれますが、この腐乱ゾンビは思ったよりやるんです。

死亡誘発系のカードと組み合わせれば、確実に発動させることができ、生贄にする系のカードと組み合わせれば、カードアドバンテージを失うことなくメリットを受けることができます。実はフィニッシャーにもなるし。

さらに!墓地のカードを2枚追放できます。降霊もフラッシュバックも咎めることができる、2枚もです。

タフネスも4ありますので、なかなかに突破は難しいという至れりつくせりクリーチャーです。


「ヴォルダーレンの刺剣士」

実に警戒すべきクリーチャーです。

攻撃時にのみ先制攻撃を付与することができますので、戦闘力が高く、マナを立てた状態で攻撃に行けば、相手は警戒し、このカードのダメージを通してしまうでしょう。

積極的にライフを削ることが得意なので、リミテッドではなかなか高速で相手を倒し切るのが難しいのですが、このカードはライフレースを優位に進めてくれる可能性があるカードです。

後半に引いてしまっても、余ったマナをパンプアップに注ぎ込めるので、意外と無駄になりません。

「影野獣の目撃」

恐ろしく汎用性の高いカードです。

4/4/4のクリーチャー創出でもリミテッドでは強力ですが、フラッシュバック込みで、2体4/4が並びます!そしてこのパワー4がこの環境では非常に強いのです。

タフネス4のクリーチャーは多く、逆にパワーは3以下のクリーチャーが多いので、4/4というスタッツはこの環境では格が違います。


次回はノミネート編ラスト!そしてMVPの発表です!


鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示