• 鈴木和人

「イニストラード・真紅の契り」注目カード青編

 こんばんは、MTG独自視点ニュースキャスターの鈴木です。

本日は新弾「イニストラード・真紅の契り」の注目カード青編になります。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「発見への渇望」

3マナ3ドロー、そして条件次第でディスカード枚数が決定されるというカードです。

インスタントタイミングで打てるので、隙が少なく、デッキトップの3枚を見て最適解を探すことができる優良カードです。

墓地にカードを落とすことがメリットになるデッキ構成であれば、むしろディスカードが強いまであります。

青というカラーの特性上、状況に対しての回答を用意しておくことが重要な場面が多く、フラッシュバック持ちのカードなども強力ですので、かなりやる予感。

パイオニアやヒストリックで、「奔流の機械巨人」コントロールなどのデッキに採用したいですね!


「墓所の照光者」

各色の追放カード参照サイクルの青です。

生存している限り、1枚ハンドアドバンテージを稼ぎ続けているようなもので、「スピリット」デッキではクリーチャーやインスタントを追放出来ていればかなりのアドバンテージを稼ぐことができるでしょう。

ただただ入れるだけで強いカードではありませんが、カードタイプに偏りのあるデッキでは非常に強力でしょう。

自身もスピリットであるので、スピリットデッキや、ハンド補充手段に乏しいゾンビデッキなどで活躍が見込めるのではないでしょうか。


「船砕きの怪物」

楽しいフィニッシャーですね。

打ち消されず、着地している状態で呪文連打できれば勝ちでしょう。そもそもそんな状況であればこのカードがなくとも勝っているのでは?・・・確かにそうかもしれません。

しかし、青緑のようなマナ加速を経てフィニッシュに向かうようなデッキであれば、非常にいい活躍があるのではないでしょうか?

早期に着地することを目指す構成のデッキが組めればとても強いと思いますし、リアニメイト先としても面白い予感がします!


「這い寄る継ぎ接ぎ」

新「魂剥ぎ」。

このカードと「魂剥ぎ」の違いは、こちらは機動能力を持つということ。

パイオニアで「魂剥ぎ」は活躍の可能性を示していますので、このカードにもチャンスはあります。

強力な機動能力を持つカードを墓地に落とすギミックと、このカードを守れる呪文を積めるデッキであれば楽しいことは間違い無いでしょう。 自身に除去耐性が全くないので、過度な期待はできませんが、リアニメイトデッキの別パターンの勝ち筋となったり、もしかしたら化け物級の使用方法が開発されるかもしれない期待を孕む、未知数クリーチャー。

こういうのを私は4枚買いますね。

すでに、ヒストリック以下での環境では無限マナコンボが見つかっています。

http://hirahira.tokyo/archives/27388261.html


合計に8マナ必要になるので現実的ではないかもしれませんが、可能性を感じますね!



次回は黒編です!またね!



鈴木

0件のコメント