• 鈴木和人

「イニストラード・真紅の契り」注目カード黒編

 こんばんは、MTG独断偏見ニュースのお時間です。

あ、鈴木です。


本日は新弾「イニストラード・真紅の契り」の注目カード黒編をお届けします! この記事の公開の翌日が正式リリース日ですね!楽しみです。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「危難の道」

新メカニズム「切除」を持った全体除去です。

序盤にクロックを拘束展開してくるような白単や赤単などには突き刺さるでしょう。

序盤の脅威を取り除くことにも長けていますし、トークンを一掃することもできます。

「切除」コストもあるので後半に引いても強く、メインボードからの採用もありでしょう!

「スローランド」サイクルも全て揃うので、エスパーコントロールのようなヘビーコントロールも成立するでしょうし、私も使ってみたいカードですね。


「首無し騎手」

恒久的なゾンビ生み出しクリーチャーです。

生贄ギミックにも耐性ができますし、生み出されるトークンも「腐乱」が無いため、戦力になります。

このカード自体も3マナと、若干悠長なのですが、高速ゾンビアグロではなく、多少盤面処理を得意とするゾンビデッキでの採用が見込めます。

苦手とする全体除去への耐性もつきますし!

ゾンビというだけで価値が高いですしね!


「不吉なとげ刺し」

復活したメカニズム「濫用」を搭載したクリーチャーです。

不要なクリーチャー、生贄にしたいクリーチャーが2ドローに変換されるというだけでめちゃくちゃ強いのですが、このカード自体が接死を持っているということで戦闘面でも強いです。戦場に出るだけで十分な仕事をしてくれるカード、弱いわけがない。


「戦慄の遁走」

「切除」搭載のハンデスの期待の星。

3マナで確定ハンデスという場面が生きる状況はあまり無いかもしれませんが、最序盤で打てることは強いもので、1ターン目からこのカードを打てれば、対戦相手の勝ちプランを出鼻から挫くことができるでしょう。

後半に引いても最低限の仕事をしてくれるので、あらゆるデッキ、主にミッドレンジ、グッドスタッフ系のデッキで採用されるのでは無いでしょうか!


以上、黒編でした! 今回の黒の強化は他の色に比べて控えめな印象ですが、デッキの縁の下の力持ち的なカードが複数ありますので、楽しみですね! 次回は赤編です!


鈴木


0件のコメント

最新記事

すべて表示