• 鈴木和人

「イニストラード・真紅の契り」注目カード赤編

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

今回は「イニストラード・真紅の契り」の注目カード赤編をお送り致します。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「移り気な放火魔 / 凶兆の血の騒擾者」


強いですねえ! かの「栄光をもたらすもの」を彷彿とさせますね。

威迫、速攻という奇襲性に合わせて、ブロックされにくいという厄介者。

殴りに行くだけで、ANYターゲットに最大1点飛ばせるので、実質5点クロックであり、軽量除去、プレインズウォーカーに対しての牽制も可能。特に、前弾で登場した「アーリン」がマイナスから入った場合、除去できてしまうという性能持ち。

さらに裏返った場合、基本スペックが5/5にサイズアップし、飛ばせるダメージも倍になります。

赤を主体としたミッドレンジ、ビッグレッドのエースとして活躍できる可能性が十分です!


「錬金術師の計略」

「切除」持ちの追加ターンカード。

基本的には、追加のアールンドの天啓としての運用でしょうか?

しかし、赤単など、ライフをゴリゴリに削っていくようなデッキでの1ターンのバリューはあまりにも大きいため、このカードが実質フィニッシャーを兼ねる可能性があります。

かなりクセのあるカードで、再利用が不可能になっているのですが、なんとも楽しみなカードです!

私個人として、モダンのエターナルブルーでの採用が検討されています!

瞬間の味わい」の代用、もしくは共存もさせようと検討しています!おそらく採用です!4枚買いたい!


「マナ形成のヘルカイト」

4/4/4飛行という基本スペックの高さに加えて、クリーチャー以外の呪文を唱えるだけで、そのマナコスト分の瞬間クロックを創出するという暴れっぷり。

ライバルとしてあまりにも強力な「黄金架のドラゴン」が存在しますが、用途がそれぞれ違うと思いますので、このカードの居場所はあるでしょう。

どちらかというと前のめりな構成を得意とするカードのような気がしますので、若干早めの火力系ミッドレンジや、ビッグレッドのフィニッシャーを担うのではないでしょうか!

除去耐性はないので、過信は禁物!


「勝負服纏い、チャンドラ」

ふざけた名前の強力チャンドラ!

イニストラードにチャンドラ出現の時点で大興奮ですが、このカードの性能もまた大興奮。

赤単以外での運用はむずかしいですが、赤単が苦手とする手札補充を擬似的に行ってくれると共に、マナ加速とこまめなダメージソースとして活躍できるでしょう。

プレインズウォーカーの特性は拭えず、超速攻系のデッキでの運用は難しいでしょうが、ミッドレンジやビッグレッドでの活躍は見込めます!

赤単ドラゴンなど組みたくなりますね!


「墓所の門番」

今セットで最も衝撃を受けたカードです。

大歓楽の幻霊」の追加カードになるでしょう。しかし、先制攻撃持ちであるため戦闘能力が高く、アタックでのダメージソースになる点も強いですし、ゲーム後半でも恒久的なダメージが期待できます。

赤単が最も欲しかった性能のカードの一つであるため強力なのは間違いなく、さらに横並びも可能であるため、爆発力にも期待できます。

墓地依存のカードではありますが、自分の墓地のカードを追放することができるため、対象には困らないと予想します。


今セットは本当に赤が強い印象ですね、多色環境が予想される中で、赤単を成立させるような注目カードが多く、爆発力も継戦能力も高めな印象があります。

下環境での活躍が見込めるカードもありますし。

ライフレースを強いるような展開が得意なカラーではありますが、その特徴をさらに加速させてくれるのではないでしょうか!


次回は緑編!


鈴木

0件のコメント