• 鈴木和人

「イニストラード・真紅の契り」注目カード多色編

 こんばんは、独断偏見MTGニュースのお時間です。

鈴木です、ええ。


今回は「イニストラード・真紅の契り」の注目カード多色編をお送り致します。

土地とアーティファクトに関しては注目カードはありませんので、このコーナーは今回で最後です!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「苛まれし預言者、エルス」

ドローを変換するカードです。

ドローを擬似的に2倍にしますが、使用しなければ追放されてしまうので、手札に抱えることができなくなるデメリットがあります。

「親和」のような朝軽量アーティファクトを多く搭載したデッキとの相性は良く、アーティファクトを連打してくようなカードと組み合わせると面白くなりそうです。

モダンやレガシーで流行中の「親和」デッキでの採用が検討されます。


「税血の徴収者」

2/3/2という良スタッツに加え、血トークンを創出します。

さらに、このカードが除去も兼ねているため、無駄になりにくい性能をしているため、吸血鬼デッキを作る際は採用が検討できるでしょう!


残念ながら、多色にも注目カードは少なかったです。

統率者戦で強そうなカードはありましたが、あくまで競技シーンで強そうなカードをピックアップする癖がある私には、このくらいが限度ですね!


では!



鈴木

0件のコメント