• 鈴木和人

オススメ!モダンデッキタイプ③「ミッドレンジ編1」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

前回までの記事では、「アグロ編」ということで、高速決着系のデッキを紹介しました。

今回からは、「ミッドレンジ」、今、モダンで最も熱いデッキタイプとなっています。


「レン&オムナス」

今日紹介するのはこのデッキです!

画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「創造の座、オムナス」

このカードを用いたデッキはいくつもあります。

「4Cコントロール」「エレメンタル」と、モダンフォーマットにおいてTier1のデッキが複数あります。

その中でも今日紹介する「レン&オムナス」はコントロールよりか、ミッドレンジに寄せたデッキです。

その内容は、「もう強いカードはなんでも突っ込め!」と言わんばかりのゴージャスぶり!高額デッキです!

盤面制圧力あり、ブリンクあり、打ち消しあり、マナ加速あり、ドローあり、、、

贅沢が好きなあなたにはもってこいのデッキです!

「レンと六番」

「創造の座、オムナス」との抜群の相性を誇ります。

フェッチランドを回収して、マナベースを安定させたり、タフネス1のクリーチャーの人権を奪ったりと、大車輪の活躍のこのカードですが、オムナスと組み合わさると、ライフ回復や、爆発的マナ加速が毎ターン起こるようになり、もう手がつけられません。

初期忠誠値も3と高めで、+1能力から入ればもう「稲妻」の射程圏外です。

「孤独」

モダンホライゾン2で登場した神話レアインカーネーションサイクルの白。レガシー以下でも最強のクリーチャー除去として名高い「剣を鍬に」を内蔵した想起持ちクリーチャーです。

私はこのカードを過小評価していたようですが、使い回しが効く「剣を鍬に」と考えれば、弱いはずがありませんでしたね。

「激情」

このカードも同様のサイクルの赤ですが、こちらは瞬速がついていないので、ソーサリータイミングでの運用になりますが、クリーチャー単体としても強く、こちらも使い回しが効くと考えれば、強力なのは火を見るより明らかです。


どんなデッキとも対等以上に戦える一方、器用貧乏であるため、油断は禁物。デッキコンセプトが明確ではなく、どんなものにも対処してやる!といった心意気の通ったデッキなので、初手のカードや、ドローしてくるカードに当たり外れが出やすくなるのも弱点です。


しかし、その点を見ても有り余るほどの強力カードの応酬なので、1枚のカードでなんとかなってしまうという暴力性溢れるデッキです。


強いカードを使ってみたいという方にはおすすめのデッキです!

次回もミッドレンジのデッキを紹介しますよ!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示