• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「黒編」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

今回は黒編!

印象としては、実に燻銀といいますか、暗躍するようなカードが多かった印象ですね。

まさに忍者!!その強さは未知数、対戦相手の対応力を上回れる動きを目指せば、環境を席巻できるかもしれません。

そんな期待をさせてくれます。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「勢団の取り引き」

実にニッチな需要に対応してくれそうなカードです。

元スタンダードには、1体生贄で2ドローと宝物を生み出すカードが存在しており、その強力さゆえ、さまざまな環境で使用されています。

このカードの強みは、好きなだけクリーチャーかアーティファクトを生贄にできること、つまり、死亡誘発を複数発動させたりすることができます。

その対価としてのライフゲインはインクの染み程度に考えて良さそうですが、一見アドバンテージを生まないカードなのですが、デッキ構築次第では化け物カードになる可能性があります。悪用方法を思いついた方、ぜひご一報くださいませ。


「月の賢者の養子、ナシ」

忍術コストは若干重いですが、強力な効果を有しています。

対戦相手のデッキトップをライフで支払うことができるため、基本的にはアドバンテージを獲得することができます。

また、「唱えてもよい」というテキストではない為、仮に土地が捲れた場合でもプレイ可能です。なので、損をする場面が少ないのです。

問題はマナコストですね。4マナにふさわしい効果なのかどうか、環境のメタゲームに依存する部分が多いですが、忍者デッキのユーティリティカードとして2〜3枚の採用が検討できそうな気がします!


「鬼の刃」

シンプルに強力ですね。

2マナ3/1威迫の時点で、クロックとしては及第点、まして威迫は忍術との相性がいいので、2マナの動きとしてかなり強くなります。

今セットで新登場したキーワード「換装」を持っており、3/1では突破しにくくなった場合は、換装してサイズを上げれば、ゲーム後半でも活躍が可能です。

このカード自体が伝説ではないので、重ね引きしてしまっても安心。4枚採用まで見えます。


黒は、他の色に比べて控えめな性能な印象が否めませんが、強力なカードがあることには変わりありません。

黒絡みの多色カードは強力なものが多いので、黒のデッキが活躍しないということはなさそうです! 次回は赤編です!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示