• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「赤編」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

今回は、神河:輝ける世界 注目カード「赤編」をお届けします。

赤単アグロ復権の一手になりそうなカードが出現し、赤にも目が離せません!

それでは早速いってみましょう!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「災厄将来」

赤のバーンデッキのフィニッシャーに採用が検討されそうなカードです。

5マナでかつ、4つは赤でないといけない為、単色、もしくはタッチ一色程度のデッキでなければ採用は難しいでしょうが、赤のバーン系デッキが抱える後半の息切れの防止に一役買ってくれそうです。

序盤に打ち込んだ直接火力を2枚追加で打ち込んでフィニッシュ!というのが容易にイメージがつくところではありますが、2枚目のこのカードを唱えることも可能で、どんどんと連結させていくことができます。

今のところそこまでの悪用法は思いついておりませんが、ストーム系のデッキとも相性が良さそうですし、なんとも楽しみなカードです。


「蜥蜴丸」

シンプルに2マナ1/1の二段攻撃持ちということで及第点。除去耐性はないですが、このカードの恐ろしいところは、換装コスト2で、あらゆるクリーチャーを二段攻撃持ちにできるところです。このカードは装備品であり、アーティファクトなのでサーチもしやすいため、安定した動きも可能になるでしょう。

巨大なドラゴンに装備して、対戦相手を圧倒したいですね!「黄金架のドラゴン」につければカオス!!


「兎電池」

鈴木は兎が大好きです。

赤系の高速アグロの1マナ域として十分な性能を兼ね備えているように思います。

換装コストも非常に軽量で、1マナで可能、そのターンに出てきたクリーチャーに、速攻ととプラス修正を与えることができます。

序盤でも後半でも強いカードです!


「轟く雷獣」

実質4マナ4/4速攻として運用でき、さらに本体火力として確定ダメージを与えていくことができます。

このカードが戦場に着地する前に、+1/1カウンターがばら撒かれていたり、換装されているカードが複数あれば、とんでもない火力になることすらあります。

4マナはアグロ系デッキにおいては決して軽くないので、少し腰を据えた赤系のアグロとミッドレンジの中間に位置するようなデッキが成立すれば、このカードは間違いなくエース級の活躍が見込めます!上記の「兎電池」や、「蜥蜴丸」などが戦場に出ていて、軽量クリーチャーも展開されていれば、夢が溢れる展開になるでしょう!


ゴリゴリと強気に攻めていけるカードが非常に多く、楽しみな赤が帰ってきた印象です! これまでデッキとして成り立たなかったが、強力な赤のクリーチャーたちが目を覚まし、スタンダド環境を席巻する未来も、そう遠くないでしょう。


次回は緑編です!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示