• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「緑編」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

今回も新セット「神河:輝ける世界」の注目カードを紹介していきます! 今回は緑のカードです!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「融合する成長」

マナ加速しながら、改善されている状態のクリーチャーを作り出せる良カード。

意外とこのカードの役割は多いのではないかと思います。

今回のセットで、改善されている状態であるということはかなりのメリットに働くようになっているので、次のターンのアクションを、マナ加速含めて強くできるこのカードは、結構強いんではないかと判断しました。


「気前のいい訪問者」

今セットで注目されているのはアーティファクトだけではありません。

エンチャントも数多く採用され、クリーチャー・エンチャントが緑には多く存在します。

仮に、スタンダードでエンチャントデッキを組むなら、このカードは外せません。

自身を対象にすることもできれば、他の自軍クリーチャーにもばら撒くことができます。

単純なサイズアップだけではなく、改善されている状態にできるので、獲得できるアドバンテージが一つではないのです。

1マナと大変軽く、序盤からサイズアップが見込めます。

どちらかというと、スタンダードではなく、ヒストリックやパイオニア、統率者線などで活躍しそうですね!


「調和の織り手」

クリーチャー・エンチャントにロードが誕生しました。

サイズアップだけでも強いですが、驚くべきは、2マナ2/2と及第点のロードスペックを持ちながら、自身の起動能力でエンチャントの発生源である能力をコピーできてしまうということ。エンチャントレスデッキのエンチャントの効果を単純に倍にするだけでも、かなり強力。統率者戦を含む、多くのエンチャントレスデッキに採用されることでしょう。


緑のカードは、少し要素がばらついており、その中でもエンチャントにフィーチャーしたカードが多い印象でした。しかし、圧倒的サイズで押し潰していくような、現スタンダード環境の緑単を強化するというより、新しいアーキタイプを生むようなデッキが多いですね!


次回は多色編です!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示