• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「多色編」

 こんばんは!独断偏見MTGニュースの鈴木です! 今回は「神河:輝ける世界」における注目カード「多色編」をお送りします。

多色のカードでは、注目すべきカードが多く存在し、1回の記事で紹介し切れるか、実に微妙なところです、もし数が多くなりそうだったら、2回に分けてご紹介できればと思います!


では、早速行ってみましょう!

画像は、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「巨大な空亀」

この「魂力」というキーワード能力が今回火を吹きそうです。

7マナ6/5飛行、護法2と、なかなかのスペックですが、このカードは序盤にも活躍することが可能です。

「魂力」を使用すれば、墓地回収も、クリーチャーバウンスも可能なのです。

このカードだけをフィニッシャーにして4枚積んだエンチャント系のコントロールデッキなど作ってみたくなりますね!


「樹海の自然主義者」

2マナ2/2絆魂と、及第点のスペックに、エンチャントを1マナ軽くする能力を常在しています。エンチャント系のデッキに採用が検討されます。

どちらというと、クリーチャーでも殴っていくデッキでの採用の方が可能性がありそうですが、複数体並んで仕舞えば、瞬く間に盤面を制圧してしまうでしょう。

下環境ではこのカードを入れるスロットがないかと思いますが、エンチャントを唱えた誘発で1ドローできるような、「サイシス」や、「女魔術師系」のカードと組み合わせて気持ちよくなりたいですね!


「活力の温泉」

温泉がカード化ですか、いいですね〜。

性能は凶悪。「ヤヴィマヤの火」の亜種で、「野生の律動」と並べられるスペックをしています。

このカードから+1/1カウンターを1ターンに一回置けるので、改善された状態にすることは容易く、改善されたクリーチャーであれば、速攻で殴りにいくことが可能です。

「野生の律動」が一定数活躍した歴史から考えるに、このカードの活躍も見込めます。

前々回の記事で紹介した「轟く雷獣」との相性はすこぶる良く、相手のライフをガンガン削っていくことができそうです。

グルール改善デッキを組んでみたくなります!


多色のカードは面白いものが多く、次回に続きます。

デッキの根幹を担うことのできるカードが多く存在しますので、単色デッキというよりかは、多色デッキが活躍していきそうな予感がします。

この記事が公開されている時点では、ある程度メタゲームが固まっていそうですが、メタがぐるぐる回った時に、この時期を見返してくれる方がいたら、大変嬉しいですね。


次回も多色編!パート2!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示