• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「多色編2」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

前回に引き続き多色の注目カードを紹介していきますよ! レアリティの比較的高いカードを今回の記事では紹介していきます!


画像は、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「漆月魁渡」

期待の3マナプレインズウォーカーです!

忍者デッキの核になるような存在ですね。

決してこのカード1枚でできることは多くないのですが、継戦能力に長け、生み出したトークンの価値が非常に大きくなるカードです。

返しの相手のターンにはフェイズアウトしているので、除去されることがないのも非常に強力に思います。

プラス能力では、恒久的なドローorルーティング行ってくれるし、生み出したトークンはブロックの心配なく殴りにいけるので、プラス能力とのかみ合いも抜群で、このトークンを使って忍術せよ!と言わんばかりの性能です。

青黒忍者デッキを組みたくなりますね!!下環境でやれるかは、未知数!


「完成化した賢者、タミヨウ」

あのタミヨウが、ファイレクシア化!?

このカードはストーリー的に驚きを与えてくれました。

ファイレクシアマナ復活です。

ファイレクシアマナで支払った代償は小さくなく、初期忠誠値を2も低くしてしまいます。

プラス能力で、自身の生存率を上げることができ、ーX能力では、盤面展開を加速度的に行うことができます。

とはいえ、連発することは難しそうなので、過信は厳禁。

現状、あまり強いとは思っていませんが、ファイレクシアマナの復活記念として、紹介せざるを得ませんでした。


「暁冠の日向」

強い!!! 素のスペックも良好ですが、どうですか、「マグマオパス」と一緒に使ってますか? ジェスカイミッドレンジや、ジェスカイコントロールのようなデッキでの活躍が見込めますが、今までの全てのカード評価を変化させるような性能を持っています。

対象一つにつき1マナ軽くなるので、1つの呪文で複数の対象を取るカードが相対的に強力になります。つまり、複数の対象を取っているカードで、強力なカードがあれば、採用を検討するようになります。

除去耐性はないのですが、下の能力で実質「護法1」にはなるので、若干の生存率アップが見込めます。

この先の活躍が楽しみなカードの一つですね!


さてお送りしてきました多色編ですが、いかがでしたでしょうか?

活躍しているカードも、全く活躍していないカードもあるでしょうが、使ってみたくなるようなカードが多いのは、嬉しいことですね!


次回はアーティファクト(茶)編です!



鈴木

0件のコメント