• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「茶編」

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

今回は注目カードの茶編です!大方の予想を裏切るアーティファクト大量セット

でしたね!

皆さんは神河環境楽しんでますか?いいですね〜!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「勢団の銀行破り」

名前がいいですね! かつてカラデシュ環境を席巻した「機体」からは随分と調整されていますが、ガンダム育ちの私からすると、機体への夢は人一倍大きいんですね。

このカードは、2マナで出せて、搭乗コストこそ重いんですが、4/4とサイズはいい感じですが、現環境には「老樹林のトロール」がいるので、一方的に打ち取れないサイズで、「キランの真意号」のように飛行もないので、戦闘能力はそんなに高くありません。

しかし、機体を強化するようなカードは複数枚存在しており、機体であることがメリットに働きやすいので、序盤、中盤のアタッカーとして機体しています。

また、起動能力で、ドローも可能なので、最低限の仕事をしてくれることを期待しています。


「電圧改竄メカ」

「火炎舌のカヴー」を彷彿とさせるカードですね。プレインズウォーカーにも飛ばせるのが好印象です。

搭乗コストが4と比較的重いのですが、強力なETB能力を有しており、威迫との相性もいいですね。

戦場に出るだけである程度仕事はこなしてくれるので、搭乗コストの重さも、さほど気にすることなく運用できそうです。

ルール改定で、機体が機体に登場するということはできないので、何かしらのクリーチャーを用意しておくか、アーティファクトクリーチャーに変化させる能力で動かしていきましょう。


「メカ巨人のコア」

スパロボ。

5マナで超電磁合体をすることで、爆発的戦闘力を持ったクリーチャーが誕生します。

「メカ巨人」は速攻を持っているため、1回は殴りにいけることがほとんどだと思うので、10〜20点分のライフアドバンテージを得ることができそうです。

また「メカ巨人」が除去されてしまっても、このカード以外の合体素材は再び戦場に出ることができます。理想を言えば、合体素材もETB能力を有しているのがベストですが、なかなかそうはいかないでしょう。

とは言え、夢溢れるデッキ構築が可能だと思うので、非常に楽しみではありますね!


なんとこの茶編も、次回に続きます! 紹介できるカードが多いのは大変喜ばしいですね! 機体のスペックこそ調整されていますが、「エシカの戦車」が大活躍しているように、機体にも活躍の場があります。ぜひ友達と機体構築などで遊んでみてください!


鈴木

0件のコメント