• 鈴木和人

神河:輝ける世界 注目カード「茶編2」

こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

今回は、前回に引き続き、神河:輝ける世界の注目カード「茶編」その2を書いています。

前回の記事では全て機体カードを紹介しましたが、今回紹介するカードに機体はいません。

やばいカードもありますね、どうですか、活躍してますか?


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。


「継ぎ接ぎ自動機械」

アーティファクトアグロのエース誕生です。

「教区の勇者」や、「滅びし者の勇者」が活躍しているのと同様に、このカードも活躍が見込めます。アーティファクトが戦場に出るたび、ではなく、唱えるたび、なので、反則的な動きにはならないでしょうが、それでも機体デッキや、アーティファクト主体デッキであれば採用しない方がおかしい、まであります。

おまけ程度の護法2も、序盤ではバカにならないので、安心して大きく育てていくことができるでしょう。

機体を唱えれば、その分このカードも大きくなっていくので、搭乗との相性も良くデザインされていますね!


「長所食い」

魂剥ぎが、装備になった!

装備コスト1と非常に軽く、装備されているクリーチャーが死亡するたび追放すると、そのクリーチャーのキーワード能力の一部を保存します。

次に装備したクリーチャーに引き継ぐことができます。

飛行、絆魂、二段攻撃、破壊不能などがついた装備品になる可能性も!!

夢がありますね〜。

伝説のパーマネントなので、4枚積むのはどうかと思いますが、2、3枚入れてみたいですね!


「隔離用構築物」

このセットで相当やばい匂いのするカードの一つです。

要約すると、全てのカードにマッドネスが付与されるということですね。

一旦墓地を経由しますので、「虚空の力戦」などには注意が必要。

ルーティング能力に革命が起きます。

捨てたカードもこのターン限定で使用可能になるので、実質カードを捨てずに手札が増える、といったゲームバランス崩壊ムーブが可能になります。

アーティファクト・クリーチャーなので、除去は非常にされやすいのですが、マスト除去先として避雷針の役割を担うこともできます。

「ライオンの瞳のダイヤモンド」や、「虚ろな者」と組み合わせることで、変態ムーブが可能になる点から、下環境にも大いに影響があるように思います。

次回の記事で紹介する、「魂力」持ちの土地サイクルのカードとも相性が良く、「魂力」を起動した後、土地としてプレイするといった芸当が可能です。

アンコモンでたまにある環境破壊カードがまさにこのカードです。


いや〜、本当にやばいカードのオンパレードですね!

特に「隔離用構築物」は、さまざまな使い方が研究され、ぶっ壊れた動きが約束されているカードです。刮目しましょう。 アーティファクトも相当にやばい。ですが、次回最終回で紹介する土地サイクルはあらゆる環境で大いなる影響をもたらしているんでしょうね。

次回、「神河:輝ける世界」注目カード紹介シリーズ最終回「土地編」お楽しみに!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示