• 鈴木和人

「ニューカペナの街角」プレビュー・注目カード③

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

「ニューカペナの街角」の発売が今週末に迫ってまいりましたね! 事前に公開されたカードの中から、注目カードを今回も紹介していきますよ!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「異端の法務官、ウラブラスク」

異端の法務官という肩書きから、ストーリーも非常に楽しみなカードですね!

これは、自分自身では気づいていなかったのですが、友人のMTGプレイヤーが発見した不確定ロックコンボが可能になっているんです。(現段階では公になっているかもしれませんね!)


「ドラニスの判事」

統率者戦で大人気のこのカードと組み合わせることによって、対戦相手は何もできなくなるんです!


ウラブラスクの常在能力で、アップキープ後に引く次の1枚のカードは、手札に加わることなく、追放領域に移動します。

そこにドラニスの判事がこちらの戦場に出ていれば、手札以外からの呪文を唱えられなくなるので、実質引いてくるはずだったカードを何も使えなくなります。(土地は置けます)


ドローを置換しているわけではないので、抜け道はいくつかありますが、除去手段やドロー手段に点しい白・赤・緑などのカラーリングには強烈に刺さる可能性があります。


クリーチャーなので生存が難しいという弱点がありますが、膠着した盤面、もしくは蓋をしにいく盤面ではかなりの強さを発揮する可能性があると思っています。

また、手札消費の激しいデッキや、アグロの完全封殺も不可能ではありません。


単体の性能も低くなく、赤の弱点とするゲーム後半の息切れを防止できること、そして対戦相手の手札を痩せさせることができる点が強いです。

5マナと重いので、速攻系のアグロよりかは、少し構えながら戦うミッドレンジ向きの性能言えるかもしれません。


赤と白は、意外にもロックの得意なカラーリングですので、この組み合わせはパイオニア以下で一定数の座席を確保するのではないかと予想しています。

白には唱えられる呪文の数を限定するカード、例えば「エメリアのアルコン」なども多いですし、この組み合わせの明確な抜け道である「土地」を咎めるカード、「高山の月」「血染めの月」などは赤に多いのです。

虚空の杯」をX=1で設置しておけば、追加のドロー手段や軽量除去手段のいくつかを封殺することができますし、「スレイベンの守護者、サリア」でテンポロスをさせることで、ウラブラスク着地までの安全性を確保できたりします。

レガシーや、モダンでのロック系デッキでの活躍を期待したいですね!



鈴木

0件のコメント