• 鈴木和人

「ニューカペナの街角」プレビュー・注目カード④

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

プレビュー期間も終わり、各店舗では販売価格が出揃ったところでしょうか?

そんな中ですが、このニュースではあいも変わらず注目カードを鈴木視点でお送りしてまいります。


画像は、イゼット速報様より引用しております。


「Aven Heartstabber」


《Aven Heartstabber》(青)(黒) クリーチャー – 鳥・暗殺者 [R]

飛行 あなたの墓地にあるすべてのカードの中に5種類以上のマナ総量があるかぎり、Aven Heartstabberは+2/+2の修整を受けるとともに接死を持つ。 Aven Heartstabberが死亡したとき、カードを2枚切削し、その後カード1枚を引く。

1/1


超絶妙なカードです!

自身の墓地にあるカードを参照するのですが、その条件はかなり厳しいように思います。

土地を0としてカウントされるため、フェッチランドの使える環境であれば、少しその条件は緩和します。

条件さえ達して仕舞えば、3/3の飛行接死として、フィニッシャー級の活躍が見込めます。


しかし、真価を発揮するのは死亡誘発だと思われます。

2枚のカードを切削しながら、ワンドローできる能力は、デッキの構築コンセプト次第では、3ドロー相当の価値になる可能性があります。このカードを含めて墓地が同時に3枚肥えるというのは、例えば「自然の怒りのタイタン、ウーロ」や、「死の飢えのタイタン、クロクサ」などの脱出コストの助けになったり、リアニメイトデッキや、ドレッジ、「復讐蔦」との相性も良好です。

陰謀団式療法」のフラッシュバックコストとしても非常に相性が良く、相手のハンドを牽制しながら、こちらはアドバンテージを得ることができます。


使われるか、使われないか、実に試してみたくなる一枚です!



鈴木

0件のコメント