• 鈴木和人

「ニューカペナの街角」プレビュー・注目カード⑤

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

現時点で、ようやくMTG新セット「ニューカペナの街角」のフルスポイラーが公開されました!!

今回のセットの総合的な印象は、「強弱がはっきりしている!」です。

強いカードは「ぶっ飛んでるな〜!」と思うものもあれば、弱いカードは「これがレア?」と思うものもあります。

とはいえ、トライオームサイクル(3色土地で、それぞれの基本土地タイプを持つ土地)の完成したセットということもあり、剥き得セットであることは間違いなさそうですね!


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「密造酒屋の隠し財産」

毎セットお決まりのド派手で重い神話レアです。

今回なぜこのカードに注目したのかというと、「無限ターン」コンボが早くも見つかっているからなんです。

「時の篩」

と組み合わせることで、無限ターンが実現します。

「時の篩」はパーマネントで、「密造酒屋の隠し財産」も同じくパーマネントということで、墓地を再利用したり、ライブラリー操作を駆使して追加ターン呪文を唱える必要もありません。

基本的には、「密造酒屋の隠し財産」が順当に6ターン目に着地する前提(もしくは5ターン目)で話は進みますが、この2枚のカードが戦場に出ている状態で、毎ターン5枚の土地をタップできれば、無限ターンです。


色拘束が厳しく、最低でもスゥルタイカラー3色(青黒緑)であることと、キーカードが6マナであり、出たターンに宝物トークンを生み出すことが厳しいと思うのですが、、、


「荒野の再生」

これまで、そして今なお私の相棒の一枚のこのカードがいれば、無限ターンの突入を1ターン早めてくれます。

緑は土地を追加で展開していくことが得意であるので、もっと早いターンに無限ターンに突入できることがあるでしょう。


とはいえ、キーカードはお互いのカードが存在しないと、単体で機能しにくく、公式競技フォーマットでの活躍は、私も難しいと思います。

しかし、アーティファクトである点をいかし、何かしらの凶悪性を持たせる可能性があるのも事実です。

あらゆるサーチ手段が豊富な統率者戦での活躍は見られるかもしれません!



鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示