• 鈴木和人

「ニューカペナの街角」レガシーで使われそうなカード

 こんばんは、独断偏見MTGニュースの鈴木です。

新弾発売からおおよそ1週間が経ちましたが、さまざまな対戦動画や、開封動画が散見でき、MTGの人気がうかがえて嬉しいですね! 近年では、MTGA(マジック・ザ・ギャザリング・アリーナ)の流行により、アプリケーションでもMTGを遊ぶことができるので、環境の熟成のスピードも非常に速く、メタが回りやすくなっていると思います!


そんな中ですが、さまざまなフォーマットで今回の新弾「ニューカペナの街角」はどのような活躍を見せてくれるのか?

MTGAでは基本的にはスタンダードやリミテッドが多く、ようやくパイオニアの前身となるようなフォーマットが制定されましたが、最も人気のフォーマット、モダンやレガシー、統率者の使用感はいかがなものなのでしょうか?


さまざまなフォーマットにおいて、全てを的確に言い当てることはできませんが、

今日はレガシーで使われそうなカードを紹介してみたいと思います。


画像は全て、マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト様より引用しております。

「敵対するもの、オブ・ニクシリス」

現在、「ニューカペナの街角」トップレアであるこのカード。

アリーナでこのカードを採用したサクリファイス、トークンデッキを回していますが、やはり強かったですね。

対戦相手のアドバンテージ差をつけつつ、ラーフドレインして行く様は厄介極まりないものでした、ガリガリとライフを攻め立てるデッキと相性が良く、中長期戦でも強いカードだということはわかりました。

しかし、レガシー環境は非常に軽く、ゲームスピードも速いので、このカードが活躍できるかは実際は絶妙なのではないかと思います。

青黒赤のグリクシスカラーのコントロール寄りのミッドレンジなど、tier1デッキとまではいかずとも、大会で結果を残し続けるようなデッキへの採用が検討されると思います。


このカードはコピーを含めた2枚が盤面に定着して初めて強いカードだと思いますので、実は打ち消しにも若干の優位性があると考えます、単純にカードアドバンテージを得られるという点では強いのですが、アドバンテージ度外視のコンボデッキには無力です。

Dooms day や、Darkdepths系デッキ、AlurenやShowtell系のデッキにも弱いのですが、ラガバンを止められる点では強いと思います。


なんとも今後のメタゲームの周り次第なところはあるのですが、強いカードであることは間違い無いので今後レガシーでの活躍に期待です!

「王冠泥棒、オーコ」の暴力的な強さには及ばずとも、1枚で勝てるカードです!


鈴木

0件のコメント

最新記事

すべて表示