• 渡辺 敬

渡辺 敬の自己紹介です。

皆さん初めまして、技術担当の渡辺 敬です。


フランスで生まれてバーレーンで育って、今に至ります。

夢はバーレーンの観光大使になることです。


ところで、


安倍→デザイナー

鈴木→衣装


というとても分かりやすい肩書がありますが


技術担当


ってすごくざっくりしてますよね。


そのざっくりした部分を皆さんに伝えたい、そんな気持ちです、今。


技術(Wikipediaの”技術”が開きます、特に意味はないです。)


自分にできることは大きく分けて


①音響

②照明

③写真

④映像


があります。

これらをまとめて「技術担当」と名乗ってます。

なんかもう十分伝わった気がする。


例えば

WORKSの2020にある

「宮沢氷魚の毎日メガネな2WEEK」メイキング動画



これは

④映像

だけだと思われがちですが、流れている音楽も作っているのでそういう意味では

①音響

もかかわってきてますね。


あと、新しいプロジェクトとして始めた


「I SUPPORT BACK-STAGE CREW」


ここではグッズ製作例の

③写真

を撮ってますね。


TOPのスライドの中にある昨年の暑中見舞い

通称

「まじめ」



これも私が③写真を撮ってます。


②照明

照明ね、うん。




そういうわけで皆さん

「技術担当」

の内容がよくわかったのではないでしょうか。


こんな私、技術担当 渡辺 敬を今後ともよろしくお願いいたします。



(照明としてはライブハウスや演劇・舞台等で活動しています)

0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ

皆さんこんにちは、渡辺です。 今日はリグの話をしましょう。 はて、リグってなんでしょう? カメラにマイクやモニターをつけることとか、それ自体のことを言います。 それをつけるためにケージという金属製のカメラの鎧みたいなものもリグっていうのかな。 まぁとにかくリグを組む必要が出てきたかもしれない。 今までは音が必要ない映像だったり、 音が必要でも小さいマイクで済んでたんです。 音はとるけどそこまで重要

皆さんこんにちは、渡辺です。 久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。 いや、バンドがやりたいというよりかは、 バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。 それもいわゆるギターロック系の曲。 私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、 シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、 それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人た