• 渡辺 敬

古いものの良さ

皆さんこんにちは、渡辺です。


私は基本的に技術という大きな枠で動いています。


音響、照明、撮影などです。


以前技術の進歩は素晴らしいというブログを書きましたが、


今回はあえて古いものを使う良さを書きます。


というのも、これを買ったから。

いわゆるオールドレンズです。


絞りもフォーカスもマニュアルです。


自分が物心ついたころには写真のオートの技術が大変進歩しており、


一眼でマニュアルフォーカスで撮ることはほぼなかったです。


今でも写真撮影の際、フォーカスはオートで撮ることがほとんどです。


ですが映像を撮るようになってから、マニュアルフォーカスでの表現の幅に気づき


改めてオールドレンズでの技術向上を考えて今回買いました。


正直不便です。


ですが、知識として頭に入っているものの


今まで機械に任せてやっていたことを


自分の手でやるというのは大変勉強になります。


また、オールドレンズは最近のレンズよりも個性が強いように感じます。


以前撮影したミニカーです。


このオールドレンズはもちろん自分が生まれる前に作られたレンズでして、


経年で変化した部分もあると思いますが、


最近のレンズに比べて描写が柔らかい印象です。


それでいてキリっと合うところは合っている感じ、嫌いじゃない。



こちらも以前撮影したことがあるG-Shockです。


ふわっとした印象ですよね。


個体差を極力無くして、


色々な部分を便利にした


最近のレンズ。


仕事で使う際は最高です、頼もしいです。


製作時期や経年での個体差が大きくて、


全部マニュアルで設定しなくてはいけない


オールドレンズ。


仕事で使うにはそれなりの勇気が必要です。


比べるものではないのですが、


オールドレンズ、嫌いじゃないです。


今回は写真のみで見てきましたが、


近々このレンズで動画撮って来ようと思います。


いつになるかわかりませんがお楽しみに!


バイバイ!


新中野製作所/技術

渡辺 敬





©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle