• 渡辺 敬

アイドル楽曲の勧め。①

皆さんこんにちは、渡辺です。


以前も書きましたが、私は昔「アイドル」というものを毛嫌いしてました。


食わず嫌いならぬ聞かず嫌いだったわけですが、


そんな私、今ではアイドル楽曲ばかり聞いてます。


その理由、そしてそんな私が勧めるアイドルさんを今日は軽めにご紹介します。


【なぜ私がアイドル楽曲を聴けるようになったのか①】


「仕事でアイドルさんのライブに行くようになったから。」


つまり慣れです。


仕事で毎日のようにアイドルさんのライブを見て、


しかも多い時には1日30組以上。


嫌い嫌い言っててもこれだけアイドルにさらされれば聞けるようになります。


その昔、ジャズというものを聞き始めた頃


マイルスデイビスの「オンザコーナー」というアルバムを父のCDラックで見つけ、


聞いてみたところ全く聞けず、


「これがジャズなら俺はジャズやらない」


とまでおもったことがありますが、


ジャズというものを学び、自分でも演奏するようになり、


「オンザコーナー」思ってたより良いなと感じた時には感動を覚えました。


つまり私はお仕事でアイドルさんとかかわるまでアイドルのことを何も知らなかったわけです。


言い方は悪いかもしれませんが、それに慣れてしまって聞けるようになりました。


【なぜ私がアイドル楽曲を聴けるようになったのか②】


「簡単に気分が上がる。」


アイドル楽曲はレッドブル的な感じです。


もちろんすべてのアイドルさんがそうとは言いませんが、


分かりやすい4つ打ちのビート

バンドではありえないぐらいの音数

早いBPM

パンパンまで詰め込んだ音圧


この4つの特徴を含んだ曲が多いです。


速いテンポのドライブ感のある楽曲を


ありえないぐらいの音圧で聞くと嫌でも気分が上がります。


朝めっちゃ目が覚めます。


起きなきゃいけない

目を覚まさなくてはいけない


そんな気持ちの時にアイドル楽曲を聞くとすぐ気分が上がるので


ついつい服用してしまいます。


私がアイドル楽曲を聴けるようになったのは大体この2つの理由ですね。


「アイドル楽曲」という大きなくくりで聞けるようになると


だんだんその中でのグループの楽曲の違いがはっきりと分かるようになります。


そして自分に(自分の目的)に合ったグループを見つけられるようになります。


まずは一つの大きな括り(ジャンル?)を許容することから扉は開かれますね。


そんなわけで今回はこれぐらいにして、


次回私が勧めるアイドルさんを数組紹介したいと思います。


それでは、また次回。


新中野製作所/技術

渡辺 敬



最新記事

すべて表示

業界用語について。

皆さんこんにちは、渡辺です。 昨日無事千秋楽を終え、舞台の幕が閉じました。 楽しい1週間でした。 さて前回業界用語の話をしましたので、今日もその話をしようかなと思います。

©  ​新中野製作所 all rights reserved.
​info@shin-nakano.com
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle