• 渡辺 敬

TAMRON 28-75/f2.8 SONY24-70/f4レビュー

皆さんこんにちは、渡辺です。


前回に引き続き私が買い換えたレンズのレビューです。


今回はいわゆる標準ズームと言われるレンズについて書きます。


では


TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

TAMRON公式WEBサイトより引用


買い替え前に使っていたこちらのレンズからレビューしていきましょう。


こちらも前回紹介した広角単焦点3兄弟と同じぐらいの時期に発売開始されたもので


大口径ズーム3兄弟の一人です。


f2.8通しといういわゆる大三元レンズですね。


これ、がまぁ安いんですわ。


このスペックで実売9万しないです。


高くね?って思うでしょ、カメラやってない人は。


これSONYさん純正で同じ立ち位置のレンズ買おうとしたら30万近くしますからね。


【買ったきっかけ】


これは純粋にズームレンズのグレードアップですね。


もともとキットレンズ使ってたんですが、


ライブの動画撮影するのにf値固定のレンズが欲しくて、


これを買いました。


実は今回買い換えたSONY24-70/f4もその時に触っていたんですが、


f2.8に魅かれてこれを買いました。


【買い替えを決めた理由】


前回もちょろっと書いたんですが、


28mm始まりというのが自分の用途に合わなかったです。


75まで寄れるというのよりも、


28までしか引けないというのがでかくて、


広角域での4mm差って結構大きいんです。


特に自分がライブの映像を撮る時は


後ろに定点で固定を置いて、


自分は手持ちスチル撮りながら最前にはりつくことがほとんどです。


そうなると、最前まで演者が来た時に引けるレンズが欲しいんです。


28mmだと何とも言えない引き感しか得られない...


しかも、ライブ映像を撮る時って


f2.8で撮らない...


f5.6ぐらいまでは絞る...


そんなわけで自分の使い方を考えて


f2.8という明るさよりも


24mmまで引けることを重視して買い換えました。


あと、細かいんですが、


ズームリングの動きが買った当初からちょっと苦手だった...


これは本当に細かいやつです、気にならない人は本当に気にならないと思います。


【純粋にレンズとして】


これは最高のレンズ。


安くて、スペックも高くて写りが良い。


これ以上求めることも無いでしょう。


みんな買うべき。


ぜひ買ってください。


さて続きまして


SONY SEL2470Z


SONY公式WEBサイトより引用


こちらに買い換えました。


【買ったきっかけ(買い換えたきっかけ)】


まぁすでに書いている通り、


24mm始まりのズームレンズのほうが自分に合っていると思ったからですね。


で、ライブの映像撮影に関していえばf4始まりでなんの問題もない。


あとは、これは期待レベルですが、


SONYさん純正のレンズにすることでオートフォーカスの早さが上がれば良いなと思ったのもあります。


【買い換えてみて】


はいこちら、おおむね満足であります。


他になにか言えるかなぁという事で


こちら


【純粋にレンズとして】


実はこのレンズ、


ネットで酷評されてます。


描写が甘いだの、


コントラストが低いだの、


挙句の果てには眠い画が撮れるなんて言われてます。


そんな評価ばっかり見ていたので前述のTAMRONさんを買ったときには、


触るだけにとどめていたんですね。


ですが今回改めて買い替えを考えて触ったときに、


思ったよりひどくないなと。


なんなら良いレンズだなって思いました。


コントラストが低いとかそういうのって、


きっとJpegでしか撮らない人が書いてるんだろうなって思います。


あと謎の図形を撮影して、ほらね、ここが甘いでしょって言ってるサイトとか、


科学的に見たらそうなんでしょうが、


私はrawで撮って後から編集する前提だし、


そんなに細かいところの微妙な甘さが気になるほど目も良くないので、


気にならないです。


むしろ軽くて現場で使いやすいいいレンズです。


今回話した

TAMRONさんとSONYさんの標準ズームレンズ。


どちらもいいレンズには変わりないです。


その中で、開放f2.8という明るさをとるのか、


24mm始まりという広さをとるのか、


スペックだけでは一概に決められないレンズ二つなので、


もし皆さん買うことを迷ったときは


このブログを読んで、


ぜひ自分の用途を改めて考えてみてはいかがでしょうか。


ではまた。


新中野製作所/カメラバカ一代

渡辺 敬

0件のコメント

最新記事

すべて表示