• 渡辺 敬

外国の人に間違えられる話。

皆さんこんにちは、渡辺です。


ここでも書いた事あったかな、


わたくしよく外国人に間違われるんです。


まぁ分かりますよ。


でかい、濃い、髭


ねぇ。


でもさ、なんか、失礼なんだよね。


NHKの集金の方がきて、


私の顔を見て


「NHK」


とだけ言って黙っちゃって、


「はい」って言ったら


「テレビジョン!テレビジョン!」


って言われて、もう何が何やら。


最近ないなぁと思ってたんですが、


昨日ですよ、Twitterにも書きましたけど、


新宿駅で急に


「日本人?」って聞かれて、


「はい」って答えたら


「ごめんね、人違い」


は?


もうこちとらパニックですよ。


外国人だったらだれでもよかったの?


なんなの?


別に間違われることに怒ってないんだけど、


間違った後の対応がみんな失礼すぎる!


駅でチャージしようとした時に、


急に英語でめっちゃ説明されたから、


「日本人なので大丈夫です。」


って答えたら、


なんで言われたと思います?


「なんや、日本人か」


そう吐き捨てられてお詫びもなしに去っていきましたよ。


ありえん。


間違ったならすいませんぐらい言おうな。


新中野製作所/フランス生まれバーレーン育ち

渡辺 敬

0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは、渡辺です。 ※このブログは「マンダロリアン」のネタバレを含みます。 先日マンダロリアンを見終わりました。 なんというか、すごくいい終わりでしたね。 お前出てくるんかーい的な、 スターウォーズ好きにはたまらない展開というか、 それでめっちゃ強いし。 マンダロリアンも強いけど、 それでもジェダイはこんなに強いんだぜってのがわかりました。 あとダークセーバーね。 個人的にはあまり好きじ

皆さんこんにちは、渡辺です。 今日はリグの話をしましょう。 はて、リグってなんでしょう? カメラにマイクやモニターをつけることとか、それ自体のことを言います。 それをつけるためにケージという金属製のカメラの鎧みたいなものもリグっていうのかな。 まぁとにかくリグを組む必要が出てきたかもしれない。 今までは音が必要ない映像だったり、 音が必要でも小さいマイクで済んでたんです。 音はとるけどそこまで重要

皆さんこんにちは、渡辺です。 久しぶりにバンドがやりたい気持ちです。 いや、バンドがやりたいというよりかは、 バンドサウンドの曲を演りたいというのが正しいのでしょう。 それもいわゆるギターロック系の曲。 私が音楽スタジオで働いていた頃にはもうバンドって落ち目になっていて、 シンセとか、打ち込みをバンドに入れるのが当たり前になって、 それでもなんか「ギターってかっこいいっすよね」って頑張っている人た